大学出版部協会

 

西洋思想における「個」の概念

西洋思想における「個」の概念

A5判 380ページ 並製
定価:2,500円+税
ISBN978-4-7664-1808-8
奥付の初版発行年月:2011年03月 / 発売日:2011年03月中旬

内容紹介

はじめて出会う「個」の哲学。
▼判然としないその姿ゆえに、哲学史の表舞台に立つことがなかった「個」。
アリストテレスからアウグスティヌス、トマス・アクィナス、エックハルト、スコトゥス、ライプニッツ、レシニェフスキまで。
それぞれの思想に8人の専門家が光をあて、「個」の歴史を浮かび上がらせる。
▼巻末にはライプニッツの個体理論である「モナドロジー」の注釈付き全訳を掲載。

著者プロフィール

中川純男(ナカガワスミオ)

 慶應義塾大学文学部教授

田子山和歌子(タゴヤマワカコ)

慶應義塾大学文学部非常勤講師

上記内容は本書刊行時のものです。

目次


論文紹介

1 アリストテレスにおける個の認識(金子善彦)

2 アウグスティヌスにおける個体の可変性についての理解
    ——無形質量の解釈を中心に(佐藤真基子)

3 個の概念に関するトマス説(水田英実)

4 ドゥンス・スコトゥスにおける個の問題(小川量子)

5 エックハルトにおける「個」の概念
    ——「神の摂理」との関連に鑑みて(高橋淳友)

6 個体と世界
    ——ライプニッツから(橋本由美子)

7 ライプニッツにとって個とは何であるか
    ——モナドロジーを中心に(田子山和歌子)

8 論理的存在論について(藁谷敏晴)

9 三段論法における単称命題の特殊性に関するライプニッツの要請について(藁谷敏晴)

付録 全訳モナドロジー(田子山和歌子 訳・注)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。