大学出版部協会

 

 戦間期イギリスのモダニティ帝国の文化とリベラル・イングランド

帝国の文化とリベラル・イングランド 戦間期イギリスのモダニティ

A5判 256ページ 並製
定価:2,500円+税
ISBN978-4-7664-1767-8 C3098
奥付の初版発行年月:2010年10月 / 発売日:2010年10月上旬

内容紹介

「英国性(イングリッシュネス)」、再考。
▼20世紀前半のイギリス=大英帝国は、ナショナルな帝国主義を基底とする国民国家であるとともに、グローバルに展開=転回する「帝国」でもあった。
▼この2つのイギリスは、どう共存し、対立し、変容していったのか。
▼ウルフ、ロレンスらのテキストを「グローバル化する文化」の観点から再読し、両大戦間期イギリスのナショナル・アイデンティティを問い直す。

著者プロフィール

大田信良(おおた のぶよし)

東京学芸大学教育学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。

大田信良(おおた のぶよし)

東京学芸大学教育学部教授。

1961年生まれ。東北大学大学院文学研究科博士課程満期退学。2008年、筑波大学で博士(文学)取得。20世紀イギリス文学・文化
Locating Woolf: The Politics of Space and Place. (共著 Palgrave Macmillan, 2007)、『D・H・ロレンスとアメリカ/帝国』(共著 慶應義塾大学出版会, 2008)、『愛と戦いのイギリス文化史1900-1950年』(共著 慶應義塾大学出版会, 2007).

目次

序章 英国モダニズムと帝国

第Ⅰ部 「リベラル・イングランドの奇妙な死」再考
  第1章 ブラウン夫人の表象——福祉社会、ジェンダー、リベラリズム
  第2章 モダニズム的(反)成長物語のなかの優生学と女性参政権運動
  第3章 リベラリズム以降の政治意識?——『ダロウェイ夫人』におけるスタイルへの意志

第Ⅱ部 モダニズムの「国際」政治学
  第4章 ロレンスとナショナリズム言説
  第5章 退屈と帝国の再編
  第6章 人種、英米関係、『羽毛の蛇』

第Ⅲ部 帝国の文化としてのモダニズム
  第7章 地政学的無意識——『波』、ルイス、グローバリゼーション
  第8章 帝国、アメリカ、太平洋の表象
  第9章 帝国の文化とウルフ

終章 グローバル化する文化とさまざまなモダニティ


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。