大学出版部協会

 

現代の金融市場

現代の金融市場

黒坂佳央:編著, 藤田康範:編著
四六判 264ページ 並製
定価:2,200円+税
ISBN978-4-7664-1542-1 C3033
奥付の初版発行年月:2009年01月

内容紹介

金融市場を実務・学術の両面から俯瞰する。
▼金融活動の現場を知る各執筆者が、現代の金融市場の現状と課題を、わかりやすく解説する。国際金融のフロンティアや、企業・金融の再生、日本の金融の歴史など、現代に欠かせないテーマを取り上げる。


【編著者】
黒坂佳央(くろさか よしおう) 武蔵大学経済学部教授
藤田康範(ふじた やすのり) 慶應義塾大学経済学部准教授

【著者】※掲載順。役職名は講座開講時のものと、変更がある場合には、現在のものも記してあります。
畠山襄(はたけやま のぼる) 国際経済交流財団会長
寺西靖彦(てらにし やすひこ) 日陽エンジニアリング監査役
遠山慶(とおやま けい) 国際協力銀行人事部参事役
丸淳子(まる じゅんこ) 武蔵大学経済学部教授
西室泰三(にしむろ たいぞう) 株式会社東京証券取引所グループ取締役会長
香西泰(こうさい ゆたか) 社団法人日本経済研究センター理事・特別研究顧問
熊倉修一(くまくら しゅういち) 日本銀行金融研究所企画役、武蔵大学経済学部講師/現在、日本銀行金融研究所企画役
宮坂征治(みやさか せいじ)アント・キャピタル・パートナーズ株式会社パートナー
北見良嗣(きたみ りょうじ) 帝京大学法学部教授
柳正憲(やなぎ まさのり) 株式会社日本政策投資銀行取締役常務執行役員
鈴木淑夫(すずき よしお) 経済学博士(東京大学)、元衆議院議員、元日本銀行理事、元野村総合研究所理事長

目次

序章 バブルの生成・崩壊と日本の財政・金融政策   藤田康範
 1 はじめに
 2 バブル景気
 3 バブル崩壊後の財政政策
 4 バブル崩壊後の金融政策
 5 本書の目的

第1部 国際経済のフロンティア 
第1章 東アジア共同体と東アジアFTAの展望   畠山襄
 1 はじめに
 2 中国・韓国の状況
 3 日本のFTA
 4 東アジアFTAをめぐる最近の展開
 5 おわりに——東アジア共同体と東アジアFTAの今後の展望

第2章 世界をさまようオイル・マネー——ペトロダラーからペトロユーロへ   寺西靖彦
 1 はじめに
 2 原油価格の決定要因——地政学的リスク、需要、供給、過剰流動性
 3 オイル・マネー(Petrodollar)の急増と世界経済への影響
 4 おわりに——当面の結論

第3章 開発途上国の開発と金融——円借款の事例を通じて   遠山慶
 1 開発援助をめぐる国内外の情勢と課題
 2 開発途上国での金融を通じた支援事例(マイクロファイナンス)

第2部 直接金融の新展開 
第4章 エクイティ・ファイナンスの変遷   丸淳子
 1 はじめに
 2 日本の家計の資産運用
 3 投資信託の現状と問題
 4 バブル期の資本構成
 5 バブル崩壊による資本構成の変化
 6 おわりに——新興企業の資金調達問題の解消の必要性

第5章 国際的な環境変化と東証の取組み   西室泰三
 1 はじめに
 2 世界の取引所をめぐる最近の動き
 3 世界の各証券市場でのIPOの状況
 4 上場を目指す東京証券取引所
 5 持株会社組織への移行
 6 世界最高水準の次世代システムの開発
 7 多様な上場商品等の提供による利便性の向上
 8 おわりに——国際的な連携・提供の推進

第3部 日本銀行の過去・現在・未来 
第6章 景気循環と中央銀行機能の変遷   香西泰
 1 はじめに——戦後復興から朝鮮特需へ
 2 国際収支と金融調節
 3 日本銀行法改正問題
 4 高度成長と下村理論
 5 下村氏の金融理論——金融正常化と低金利革命の提唱
 6 吉野氏の安定成長論
 7 おわりに

第7章 日本銀行と民間金融機関——日銀考査を中心に考える   熊倉修一
 1 はじめに——日銀考査とは何か
 2 日銀考査の意義
 3 中央銀行考査に対する疑問・批判
 4 リスク管理重視考査とバブル経済
 5 日銀法改正・早期是正措置導入と日銀考査
 6 バーゼル規制と日銀考査
 7 欧米中央銀行による考査
 8 おわりに——これからの日銀考査と金融機関経営

第4部 企業と金融の再生に向けての胎動 
第8章 企業再生とM


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。