大学出版部協会

 

アジアのエネルギー・環境と経済発展

G-SEC eyes
アジアのエネルギー・環境と経済発展

井手亜夫:編著
四六判 222ページ 並製
定価:2,000円+税
ISBN978-4-7664-1029-7(4-7664-1029-7) C333
奥付の初版発行年月:2004年04月

内容紹介

アジアの持続的発展の実現にむけての、各国のエネルギー政策の現状と課題をまとめたコンパクトな一冊。
中国・韓国・インド・日本の専門家がエネルギー供給事情・環境問題・経済発展を軸に分析・提言。また国際石油情勢とエネルギー安全保障、ヨハネスブルクで開かれた「持続的発展」に関するサミットでも論点を中心にアジアの近未来を考察する。


井出亜夫 慶應義塾大学政策・メディア研究科教授。東京大学経済学部卒・LSE・サセックス大学留学(修士)。OECD日本政府代表部参事官、通産省調査課長等を経て現職。

席 徳立 清華大学環境科学工程学部教授。モスクワ化工学院卒。清華大学科学工程系、核エネルギー研究院、環境工程系にて研究活動を行う。

韋 志洪 清華大学工程物理学部、大学院原子炉構造力学工程修士取得。1960年代後半の石油部湖北省江漢油田勤務を経て、現在、清華大学地球温暖化研究所副所長・教授、同大学エネルギー環境経済研究院教授。

申 義淳 延世大学校商経大学教授。延世大学校商経大学経済学卒、ワシントン大学経済学修士・博士取得。カリフォルニア工科大学研究教授を経て現職。ハーバード大学客員教授。

ラビンダー・N・マリック TERI Japanシニア・フェロー。世界保健機関WHO)、国連開発計画(UNDP)、国連大学(UNU)勤務を経て、現在TERI Japan (Tata Energy and Resources Institute)のVisiting Senior Fellow, Coordinatorとしてインド政府のエネルギー政策に関与する。

岩間 敏 石油公団理事。早稲田大学法学部卒。新聞社、自動車会社研究所を経て石油公団入社。通産省出向、ハーバード大学客員研究員、石油公団パリ事務所長、計画部長、計画評価部長、ロンドン事務局長等を経て2002年から現職(資金、経済評価担当)。

目次

       目 次

はじめに                        井出 亜夫  

第1章 中国の環境保護—問題・対策と進展         席 徳 立 
1. 深刻化する中国の環境問題
2. 環境問題の発生原因
3. 経済体制・成長モデルの転換
4. 国家レベルの戦略
5. 第9次・10次5カ年計画における環境保全措置
6. 環境保護面の進展
7. 今後の長期目標     
8. 市民、企業の環境保護に対する動向
9. 環境面は部分改善・全体悪化か

第2章 中国のエネルギー状況の進展について        韋 志 洪 
1. 中国のエネルギー概況
2. 分野別にみたエネルギー開発
3. 省エネルギー
4. 石油の安全保障戦略
5. エネルギーと環境問題
6. エネルギー大量消費からの転換
7. 大規模公害・汚染について

第3章 韓国における経済・エネルギー・環境について   申 義 淳 
1. 韓国における経済・エネルギー・環境間の関係
2. エネルギー需要と環境問題
3. 韓国のエネルギー政策と環境政策
4. 3E(energy, environment, economy)の統合的アプローチとESSD
5. 3Eの統合的分析事例
6. ソーシャル・キャピタル=社会共通資本という思想
7. 韓国と京都議定書

第4章 インドのエネルギー・環境問題 ラビンダー・N・マリク 
はじめに—世界の状況とTERIについて
1. インドのエネルギー概況
2. 政府の対策および規制
3. エネルギー安全保障と供給のシナリオ
4. 行政における課題
5. 対外政策との関連
6. 貧困層へのエネルギー普及
7. 行政府と州の権限について—国家単位の環境対策とは

第5章 国際エネルギー情勢の現状           岩間  敏  
1. 地政学的にみた最近の石油情勢
2. 国際石油企業の動向
3. 増大する石油需要

第6章 持続的発展に関する世界サミット(WSSD)概観  井出 亜夫  
1. 前史
2. ヨハネスブルク・サミット(WSSD)
3. WSSDにおける中国・韓国・インド代表演説
4. ヨハネスブルク・サミットの総括

おわりに                       井出 亜夫 


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。