大学出版部協会

 

 対論「現代思想」ここで跳べ

ここで跳べ 対論「現代思想」

四六判 342ページ 上製
定価:2,500円+税
ISBN978-4-7664-0981-9(4-7664-0981-7) C10
奥付の初版発行年月:2003年04月

内容紹介

現代社会の錯綜と矛盾は、われわれ自身の価値体系の錯綜と矛盾でもあり、そこから新たな思想を構築するには、おそらく限りなき「対話」が必要になる。むしろ、「対話」そのものが、「思想」であると言っていい。2001年9月11日の全米同時多発テロ以後、混沌化する世界情勢にわれわれ一人一人がいかに対峙し、思想するべきか。小田実を筆頭に、「現場」を生きる思想家たちとの対話を通じて、われわれ一人一人の「現代思想」について考える。


飯田裕康
慶應義塾大学名誉教授。慶應義塾大学大学院経済学博士課程修了。

高草木光一
慶應義塾大学経済学部助教授。慶應義塾大学大学院経済学博士課程修了。

小田実
作家。東京大学大学院。ハーバード大学大学院博士課程修了。

黄 暎
作家。東国大学東洋哲学科卒業。韓国を代表する作家。作品:『張吉山』(全3巻)等。

喜納昌吉
歌手。喜納昌吉&チャンプルーズ結成、沖縄で活動を始める。作品:「花」「ハイサイおじさん」等。

志位和夫
日本共産党委員長。東京大学工学部物理工学科卒。

山口研一郎
1943年長崎市生まれ。長崎大学医学部卒業。脳神経外科医。現代医療を考える会(会員数 200名)代表を務める。

早川和男
1931年奈良市生まれ。京都大学工学部建築学科卒。建設省建築研究所住宅計画・都市計画・建設経済各研究室長。神戸大学教授、英国国立建築研究所 (1997年) ・ロンドン大学(LSE、1980-81年) 客員研究員等を経て、現在、長崎総合科学大学大学院教授。工学博士。

目次

まえがき  高草木 光一

第1部 対論 dialogos

序「現代思想」をどう捉えるか
——古代ギリシアからの展望 小田 実
  はじめに——日清戦争から「報復戦争」まで
  一 「現場」の思想
  二 同時多発テロと神風特攻隊
  三 ヨーロッパ中心主義の再検討
  四 塗りかえられた「文明」
  おわりに

Ⅰ 近代化とアジア

アジアの思想とは何か 黄 晳暎
  一 東アジア的価値と資本主義
  二 韓国の自生的近代化
  三 弥勒思想
  四 「東道西器」から「西道東器」へ

グローバリゼーションへの市民的戦略 小田 実
  はじめに
  一 言論の自由
  二 言葉とデモクラシー
  三 アテナイ市民の一日
  四 周辺と外部
  五 開かれたデモクラティアへ

Ⅱ 民族と文化

沖縄のこころ・日本のこころ
——天と地がまじわるところ それは祭りである 喜納 昌吉
  一 二つの文化
  二 民族と大地
  三 人類のルネッサンスへ

共生への道程 小田 実
  はじめに
  一 グローバリゼーションの転換
  二 民主主義と市民の軍隊
  三 「良心的兵役拒否」の思想
  四 「良心的軍事拒否国家」の構想
  おわりに

Ⅲ 生命と倫理

脳死・臓器移植拒否宣言 山口 研一郎
  一 医師としての原点
  二 生殖技術と生命操作
  三 遺伝子診断、臓器移植、クローン
  四 死の変容
  五 現代医学の問題点

討論 いのちを考える
飯田 裕康
高草木 光一

先端医療と生命倫理 小田 実
  はじめに
  一 倫理の捉え方
  二 「正義」へのまなざし
  三 「する側」と「される側」の間
  四 デカルトと「生老病死」

Ⅳ 都市と市民
 
阪神・淡路大震災と復興計画 早川 和男
  はじめに
  一 日常の市民不在の行政の延長線上にあった「大震災」
  二 人間と社会の主体性をとりもどそう
  三 健全な権利感覚を育むために

コミュニティとしての都市 小田 実
  はじめに
  一 天災に対する日本人の思想
  二 市民立法
  三 都市計画
  おわりに
  
Ⅴ 政治と市民
 
議会制民主主義の諸問題 志位 和夫
一 議会制民主主義——人民のたたかいでかちとった、
人類の英知のひとつ
二 国民運動、市民運動と、議会、政党とのかかわりを考える
三 議会制民主主義を生かすも、殺すも、国民・市民の運動いかん

政党の政治と市民の政治 小田 実
  はじめに
  一 「市民」と「市民運動」の間
  二 「私が日本だ」
  三 日独伊の憲法
  四 市民=議員立法
  五 職能人と市民

展望 大学から市民社会へ
小田 実
山口 研一郎
飯田 裕康
高草木 光一

第2部 饗宴 symposion

現場の思想と「学び」の現場
 
小田 実
飯田 裕康
高草木 光一

  一 『世直し大学』と「現代思想」
  二 教室という現場
  三 各講義を振り返って
  四 生命倫理に関するプロジェクト

小田実を超える——学生たちの「現代思想」

入江 健輔・藤川 秀行・清水 俊充
小澤 菜穂・大坪 啓介・丸物 美樹
米谷 香里・高橋 真悟・根本 政毅

 一 「現代思想」との出会い
 二 「現代思想」と経済学
 三 シラバス、テキスト、ホームページ
 四 各講師のキャラクター
 五 これからの「現代思想」

あとがき 飯田 裕康


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。