大学出版部協会

 

 食べものから見たシベリア先住民の暮らしシベリア先住民の食卓

シベリア先住民の食卓 食べものから見たシベリア先住民の暮らし

A5判 224ページ 上製
定価:3,800円+税
ISBN978-4-486-02089-9 C3039
奥付の初版発行年月:2016年03月 / 発売日:2016年03月中旬

内容紹介

シベリア諸民族は大きな社会変動を経験し伝統的生業は打撃を受けたが、食生活や食習慣の多くは受け継がれ今日に至る。シベリア先住民と長年交流してきた研究者が、文化的多様性と魅力を食べものという身近な題材を通して紹介。

著者プロフィール

永山 ゆかり(ナガヤマ ユカリ)

国立大学法人北海道大学大学院 文学研究科北方研究教育センター助教授。

長崎 郁(ナガサキ イク)

大学共同利用機関法人 人間文化研究機構 国立国語研究所 研究員。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

まえがき   …長崎 郁
本書に登場する主な民族

第1部 魚
 第1章 サケ─ 毎日食べても飽きない味(アリュートル)…永山ゆかり
 第2章 サケの心臓 ─ 取り合いになるほどおいしい(イテリメン)…小野智香子
 第3章 熱い燻製(ユカギール、セリクープ)…長崎 郁
 第4章 干し魚─ ニヴフ人の幸せの象徴(ニヴフ)…丹菊逸治
 第5章 魚の王国アムール河(ナーナイ、ウルチャ)…風間伸次郎
 第6章 魚のうまみだけで作る正統派のスープ(ドルガン)…藤代 節
 第7章 イクラ ─ 魚卵と陰部の関係(アリュートル)…永山ゆかり
 第8章 海の魚と川の魚(アリュートル)…永山ゆかり
 第9章 貝 ─ 引き潮の恵み(アリュートル)…永山ゆかり

第2部 肉
 第10章 トナカイ ─ 完全な動物(アリュートル)…永山ゆかり
 第11章 トナカイを食べ尽くす(エウェン)…鍛治広真
 第12章 馬 ─ 伝統文化の象徴(サハ)…江畑冬生
 第13章 湧き水の大地には羊の血を流さない(トゥバ)…江畑冬生
 第14章 熊 ─ 塩ゆでがおいしい(イテリメン)…小野智香子
 第15章 ヘラジカ ─ 頭ひとつで何度もおいしい(アリュートル)…永山ゆかり
 第16章 アザラシ ─ 伝統の大切さとボツリヌス(アリュートル)…永山ゆかり
 第17章 アザラシ ─ 最上ランクの肉(ニヴフ)…丹菊逸治
 第18章 食べられる鳥、食べられない鳥(アリュートル)…永山ゆかり
 第19章 ライチョウ ─ ベリーを食べる鳥(ユカギール)…長崎 郁
 第20章 カモメの卵 ─ 夏の楽しみ(アリュートル)…永山ゆかり

第3部 植物
 第21章 米とクロユリ ─ 日本とカムチャッカの意外な関係(アリュートル)…永山ゆかり
 第22章 植物の根 ─ 花より団子の命名法(アリュートル)…永山ゆかり
 第23章 ベリー ─ 緑の絨毯にちりばめたビーズ(アリュートル)…永山ゆかり
 第24章 ヤナギラン ─ ほんのり甘く干し芋のような味(イテリメン)…小野智香子
 第25章 ベリー ─ 第二の主食(ニヴフ)…丹菊逸治
 第26章 ユカギール人が一番好きなベリー …長崎 郁
 第27章 アムール流域の食用植物 ─ 万能調味料塩漬けラムソン(ナーナイ、ウデヘ)…風間伸次郎
 第28章 植物あれこれ ─ 言語に紡がれたツンドラの香り(ドルガン)…藤代 節
 第29章 ベニテングタケ ─ 疲労回復の特効薬(アリュートル)…永山ゆかり

第4部 乳製品・小麦粉ほか
 第30章 乳製品 ─ 白い食べ物(サハ、トゥバ)…江畑冬生
 第31章 干し草集め ─ アレクサンドル先生の野外授業(サハ、トゥバ)…江畑冬生
 第32章 小麦粉料理  ─ ツンドラ地域の硬派な味(ドルガン、ヤクート)…藤代 節
 第33章 ツンドラのパンとツンドラの教え(アリュートル)…永山ゆかり
 第34章 嗜好品いろいろ(アリュートル)…永山ゆかり
 第35章 ヤナギランのクリーム ─ 自然の恵みと人々の知恵(アリュートル)…永山ゆかり

あとがき   …永山ゆかり


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。