大学出版部協会

 

 矢代幸雄とバーナード・ベレンソンの往復書簡美術の国の自由市民

美術の国の自由市民 矢代幸雄とバーナード・ベレンソンの往復書簡

山梨 絵美子:編・訳, 越川 倫明:編・訳
A5判 408ページ 上製
定価:3,800円+税
ISBN978-4-472-40555-6 C3071
奥付の初版発行年月:2019年03月 / 発売日:2019年04月上旬

内容紹介

美術史家・美術評論家の矢代幸雄(1890-1975)と、その師であるルネサンス美術研究の泰斗バーナード・ベレンソン(1865-1959)の計114通にのぼる英文の往復書簡を翻訳する。日本の美術史学の展開を示す交流ドキュメントであり、日本美術をグローバルな文脈で捉える視座がいかに形成されたのかを知るための、重要な資料である。


目次

はじめに――手短な人物紹介……越川倫明
往復書簡の公刊に寄せるメッセージ……矢代若葉

書簡
第1章 1923(大正12)―1925(大正14)年 書簡1〜13
第2章 1927(昭和2)―1928(昭和3)年 書簡14〜17
第3章 1933(昭和8)―1942(昭和17)年 書簡18〜35
第4章 1948(昭和23)―1951(昭和26)年 書簡36〜50
第5章 1952(昭和27)―1953(昭和28)年 書簡51〜67
第6章 1954(昭和29)―1955(昭和30)年 書簡68〜87
第7章 1956(昭和31)年 書簡88〜96
第8章 1957(昭和32)―1959(昭和34)年 書簡97〜114

論考
矢代幸雄と美術研究所――バーナード・ベレンソンの美術研究方法を日本に紹介する志の実現……山梨絵美子
日本人批評家、ボッティチェッリを語る――矢代幸雄のモノグラフ(1925年)における断片化と普遍性……ジョナサン・K・ネルソン

あとがきにかえて
バーナード・ベレンソン、矢代幸雄略年譜……山梨絵美子、越川倫明
索引

(編訳・註解)山梨絵美子、越川倫明
(特別寄稿)ジョナサン・K・ネルソン
(翻訳)中村明子/小林亜起子/深田麻里亜/下東佳那


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。