大学出版部協会

 

 進化と認知科学のアプローチこころと言葉

こころと言葉 進化と認知科学のアプローチ

A5判 256ページ
価格:3,200円+税
ISBN978-4-13-083048-5 C108
奥付の初版発行年月:2008年10月

内容紹介

人間のことばは小鳥のさえずりとどこまで同じか,声に支えられている「文法」,日本語と中国語で「個」「本」など助数詞がもつ意外な違いとその意味など,進化・認知科学のアプローチから言語研究の最先端の面白さを紹介する12章.


目次

序 章(長谷川・伊藤・ラマール)
第1部 進化からことばを見る
1 言語能力獲得に至る生命進化の諸相(斎藤成也)
2 言語の起源をさぐる生物学(岡ノ谷一夫)
3 ヒトの進化と言語獲得の背景(長谷川眞理子)
第2部 ことばのしくみ
4 言語変化と機能語(ラマール)
5 音からせまる言語学——音韻論の方法論(田中伸一)
6 合成的意味論(クリストファー・タンクレディ)
7 直示移動動詞の普遍性と多様性(中澤恒子)
8 話しことばの談話データを用いた文法研究(藤井聖子)
第3部 ことばの認知と処理
9 ことばの使用の心内・脳内メカニズム(伊藤)
10 文法と音声——その関係を複雑にするもの(広瀬友紀)
11 事物の認識の普遍性と言語、文化の影響(今井むつみ)
12 言語の分節に普遍的に観察される統計的性質(田中久美子)
コラム/ブックガイド


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。