大学出版部協会

 

平安物語叙述論

平安物語叙述論

A5判 876ページ
価格:14,000円+税
ISBN978-4-13-080063-1(4-13-080063-9) C309
奥付の初版発行年月:2001年03月

内容紹介

口承文学の語り手はだれか,叙述の時間とは何か,それはどのような“物語の文法”で語られたのか.語り手人称と物語人称とを問題提起して,口承文学がよみがえる.時代を超えて生きつづける物語の動態を,“叙述”という語によって捉える.


目次

第一編 創意と作り——“作り物語”
 第一章 モノガタリとは何か
 第二章 創意と作り(その一)
 第三章 創意と作り(その二)
 第四章 創意と作り(その三)
第二編 叙述動態の形成
 第五章 叙述の時間
 第六章 物語過去と現在——叙述の時間(その二)
 第七章 表現としての日本語
 第八章 語り手人称と語り
 第九章 物語人称と語り
 第十章 語りの行為的形成
 第十一章 図像,音楽,読者
 第十二章 行為としての演唱者世界——古代と中世


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。