大学出版部協会

 

 関係史の生物学動物と人間

動物と人間 関係史の生物学

B5判 842ページ
価格:20,000円+税
ISBN978-4-13-060232-7 C3045
奥付の初版発行年月:2018年12月 / 発売日:2018年12月中旬

内容紹介

人間は動物たちとどのようにつきあってきたのか——ヨーロッパ,アメリカ,アフリカ,そしてアジアで,人間は野生動物,産業動物,伴侶動物などとともにどのような歴史を歩んできたのか.先史時代から現代まで,ミツバチからクジラまで,動物と人間の関係を描き上げた壮大な物語.【内容見本呈】


目次

はじめに
凡例
序 章 ヨーロッパ文化のなかの自然
第1章 巨大動物相の鎮魂歌
第2章 西アジアでの創造
第3章 農畜融合文化の波紋
第4章 ヨーロッパ古代社会の動物と人間
第5章 中世ヨーロッパの動物と人間
第6章 近世への始動
第7章 ヒツジとスパイス,そしてクジラ
第8章 1つに結ばれる世界
第9章 近代ヨーロッパでの動物の再発見
第10章 北米での野生動物の激動と保全
第11章 動物保護の異相
第12章 保全・管理と環境倫理の架橋
終 章 生物多様性と持続可能な社会
おわりに


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。