大学出版部協会

 

 信頼を贈りあい,当事者性を復活する運動社会づくりとしての学び

社会づくりとしての学び 信頼を贈りあい,当事者性を復活する運動

A5判 288ページ
価格:5,400円+税
ISBN978-4-13-051338-8 C3037
奥付の初版発行年月:2018年03月 / 発売日:2018年03月下旬

内容紹介

私たちの未来は,グローバルな競争と消費社会を加速するか,ロマンチックな「帰農」かのどちらかにしかないのか? 自分たちが地域の経営者になり,あたらしい関係を作り出す「当事者性のまちづくり」のポイントを,優れた実践で知られる気鋭の論者が,具体的にそして理論的に描き出す.

著者プロフィール

牧野 篤(マキノ アツシ)

東京大学大学院教育学研究科教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに 学ばずにはいられない私たち
序 章 〈社会〉をつくる実践
第1章 「必要」の分配から「関係」の生成へ
第2章 〈社会〉の構成プロセスとしての〈学び〉
第3章 社会における〈学び〉と身体性
第4章 おしゃべりでにぎやかなものづくり MONO-LAB-JAPANの取り組み
第5章 多世代が交流してつくる〈社会〉
第6章 「農的な生活」の幸福論
終 章 当事者性の〈社会〉へ
おわりに わくわくを贈りあう〈社会〉へ

Learning: The Movement to Create Community and Strengthen Society
Atsushi Makino


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。