大学出版部協会

 

内務省の社会史 増補版

内務省の社会史 増補版

A5判 712ページ
価格:9,800円+税
ISBN978-4-13-050194-1 C3030
奥付の初版発行年月:2018年05月 / 発売日:2018年05月下旬

内容紹介

大久保利通による創設以来,戦後GHQによる解体まで74年,内務省は「役所のなかの役所」として,日本の内政に君臨した.政治家や官僚たちの社会的行為の輻輳のうちに,警察,地方行財政,国土,衛生,労働,宗教の諸領域で,近代国家建設の栄光と悲惨を描く.初版2007年の増補版.


目次

序章 主題と方法 
第一章 内務省前史
第二章 内務省の創出
第三章 内務省の確立
第四章 内務省の発展(一) 
第五章 内務省の発展(二)
第六章 内務省の凋落 
第七章 内務省の解体
あとがき
内務省再説のために——増補版のためのあとがきにかえて(対談:副田義也・藤村正之)

A Social History of the Ministry of Home Affairs in Modern Japan[Revised Edition]
Yoshiya SOEDA


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。