大学出版部協会

 

 植民地支配とアフリカの現在解放と暴力

解放と暴力 植民地支配とアフリカの現在

A5判 388ページ
価格:6,500円+税
ISBN978-4-13-030210-4 C3031
奥付の初版発行年月:2018年10月 / 発売日:2018年10月下旬

内容紹介

最後まで植民地支配の暴力にさらされたアフリカの解放は困難をきわめた.その後も続く激しい暴力のなか,人びとは国家・国民形成に取り組んだが,21世紀をむかえ「誰の何のための解放か」の問いが顕在化する.解放の意味と暴力の展開を歴史的に考察する.

著者プロフィール

舩田 クラーセン さやか(フナダ クラーセン サヤカ)

明治学院大学平和研究所研究員

小倉 充夫(オグラ ミツオ)

津田塾大学名誉教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに

第I部 課題と歴史
 第1章 解放と暴力
  1 植民地支配と暴力
  2 暴力・非暴力と関係性
  3 解放と支配・従属
 第2章 アフリカにおける脱植民地化の歴史的プロセス
  1 第2次世界対戦後の世界
  2 アフリカにおけるネイションとナショナリズム
  3 国際政治情勢と脱植民地化への影響
  4 アフリカ人同士の対立
 第3章 南部アフリカ地域における解放と暴力の歴史的プロセス
  1 南部アフリカ地域における「体制死守」政策
  2 国際連合,冷戦と南部アフリカ地域
  3 南部アフリカ白人政権間の相互協力と冷戦状況
  4 ポルトガル革命と南部アフリカ

第II部 南部アフリカの現実
 第4章 ザンビアの解放と現代の暴力
  1 植民地支配と解放をめぐる連帯と対立
  2 権威主義化とカウンダ政権の終焉
  3 カウンダ——連帯と権力
 第5章 ジンバブウェの解放と現代の暴力
  1 植民地化と解放闘争
  2 土地改革の停滞と植民地責任
  3 ムガベ——解放と暴力
 第6章 モザンビークの解放と現代の暴力
  1 解放闘争と小農
  2 北部農における植民地支配の確立と暴力
  3 モザンビーク解放闘争における対立と暴力
  4 独立後のフレリモと小農の関係

おわりに

LIBERATION AND VIOLENCE
Colonialism in Africa and its Aftermath
Mitsuo OGURA and Sayaka FUNADA-CLASSEN


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。