大学出版部協会

 

 官僚制と国民軍の形成明治期日本の陸軍

明治期日本の陸軍 官僚制と国民軍の形成

A5判 382ページ
価格:6,600円+税
ISBN978-4-13-026248-4 C3021
奥付の初版発行年月:2018年12月 / 発売日:2018年12月下旬

内容紹介

陸軍における官僚制の成立過程を,軍事的・政治的近代化・地域社会との関係という観点から明らかにする.陸軍将校の任官と進級の実態を数量的に実証することによって,身分制的軍隊から移行し,明治期の藩閥支配下での陸軍官僚制度と,その専門領域の形成を示す.軍隊の実態から明治期社会の変遷を描き出す.

著者プロフィール

大江 洋代(オオエ ヒロヨ)

明治大学文学部兼任講師/国立国会図書館憲政資料室非常勤調査員

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 章 なぜ明治期に近代的国民軍が成立しえたのか

第一部 任官・進級における公平性の確保
第一章 藩軍から国軍への移行と「士官」養成
第二章 徴兵制軍隊の創設と下士養成
第三章 陸軍官僚制における身分制の消滅
第四章 進級制度の形成とその運用
第五章 藩閥統制下における郷党と能力主義の展開

第二部 職務領域の形成と文武官の分離
第六章 外征準備・士族反乱鎮圧下と兵権の補弼機能
第七章 立憲制の導入と文武官の分離
第八章 日清戦後における軍備拡張と陸軍官僚制の確立

第三部 地域社会のなかの陸軍官僚制
第九章 連隊将校団の社会構造   
第一〇章 予備役・後備役将校の蓄積と社会的役割    

終 章 陸軍官僚制の近代化と国民軍の成立


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。