大学出版部協会

 

原初のことば

シリーズ物語り論
原初のことば

A5判 424ページ
価格:4,800円+税
ISBN978-4-13-003448-7 C330
奥付の初版発行年月:2007年02月

内容紹介

初めにこと(言・事)ありき.——他者の物語りはいかにして創生されたのか.西洋古典古代世界から旧約新約の聖書世界,そして初期近代世界,さらに近代日本に至るさまざまなパラダイム的物語を取り上げて,そこにはたらく物語り的想像力を汲み取ることによって,公共世界への道筋を探索する.


目次

はじめに(宮本久雄)
発題I 〈クセニア〉と〈ノストス〉の叙事詩『オデュッセイア』(川島重成)
発題II 「アブラハム物語」の現代的地平──自同性の超克・脱在(ハーヤー)と自他論の物語へ(宮本久雄)
発題III 喪のための場 あるいは 物語への抵抗──教父ニュッサのグレゴリオス著『モーセの生涯』を中心に(柳澤田実)
総合討論I(コーディネーター:金泰昌)
発題IV 物語論から見た黙示文学(大貫 隆)
発題V 「ユートピア論」再考——エンゲルス、モア、カンパネッラ(山脇直司)
発題VI ダンテの『神曲』の物語(村松真理子)
総合討論II(コーディネーター:金泰昌)
発題VII ヨブ記の四つのアイロニー(竹内 裕)
発題VIII 「悪人」の物語──南北朝正閏問題と足利尊氏「逆臣」論の帰趨(中村生雄)
発題IX 物語としての科学——“Science as a Story-Telling”(小柳義夫)
発展協議(コーディネーター:金泰昌)
おわりに——原初のことばについての語り合い(金泰昌・宮本久雄)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。