大学出版部協会

 

死別の悲しみに寄り添う

臨床死生学研究叢書
死別の悲しみに寄り添う

A5判 259ページ 上製
定価:3,400円+税
ISBN978-4-915832-76-5 C3011
奥付の初版発行年月:2008年06月
発行:聖学院大学出版会  
発売:http://www.seigpress.jp/
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

子どもや愛する家族を失った悲しみ,事故や戦争で家族を亡くした悲嘆にどのように関わり,悲しみからの回復へ寄り添うケアが可能なのか.さまざまなケーススタディを通して,遺族に向き合う従事者に求められるグリーフケアの本質を論ずる.著者たちは精神科医,末期医療に関わる看護士たちであり,日本人の死生観をめぐる死生学叢書の第一巻.

著者プロフィール

平山 正実(ヒラヤマ マサミ)

1938年生まれ。横浜市立大学医学部卒業。自治医科大学助教授(精神医学)、東洋英和女学院大学大学院教授(死生学、精神医学)を経て、現在、聖学院大学総合研究所・大学院(人間福祉学科)教授、北千住旭クリニック精神科医。医学博士、精神保健指定医。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次


臨床医の診た生と死の風景(梅谷 薫)
がん告知に対する態度から考察した日本人の死生観(安達富美子)
在宅緩和ケアシステムにかかわる官民連携協力体制の構築—市民グループの立場から(海野志ん子)

HIV薬害被害遺族におけるグリーフケア(村上典子)
親を亡くした子どもの死の理解(村上純子)
子どもを喪った遺族に対するグリーフケア—先天性心疾患で子どもを亡くした親の悲嘆体験からの考察(宗村弥生)

悲嘆と物語—喪の仕事における死者との関係(小高康正)
自殺者遺族の悲嘆援助について—キリスト教的臨床死生学の立場から考える(平山正実)

関連書

臨床死生学研究叢書2 『死別の悲しみから立ち直るために』
臨床死生学研究叢書3 『死別の悲しみを学ぶ』
臨床死生学研究叢書4 『臨床現場からみた生と死の諸相』
臨床死生学研究叢書5 『希望を支える臨床生死観』
人生の危機における人間像 危機からの創造をめざして


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。