大学出版部協会

 

 近代化の精神構造ピューリタン

ピューリタン 近代化の精神構造

四六判 230ページ 上製
定価:2,000円+税
ISBN978-4-915832-66-6(4-915832-66-X) C0022
奥付の初版発行年月:2006年09月

内容紹介

著者は,近代の成立をルネッサンスと宗教改革に求め,非宗教化と捉える俗説を排し,近代の起源を,「教会と国家の分離」「人間の個人化」「契約社会への移行」という構造変化に見出す.その構造変化の担い手としてのピューリタンたちの運動の思想史を描く.名著『ピューリタン』の改訂新著.


目次

序章 近代化とピューリタニズム
1 世紀転換の思想—ピューリタン思想の本質
2 思想の土着—ピューリタン運動の転機
3 有機体社会から契約社会へ—ピューリタン社会の形成
4 革命的人間—ピューリタン革命のにない手
5 民主主義の源流—ピューリタン的人権意識と寛容の精神
6 新しい社会の形成—ピューリタンの栄光と悲惨
終章 近代世界の世俗化
「千夜千冊」第六二〇夜「移住する会議者の宗教」 (松岡正剛)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。