大学出版部協会

 

 デモクラシーの批判と擁護光の子と闇の子

光の子と闇の子 デモクラシーの批判と擁護 The Children of Light and the Children of Darkness - A Victim of Democracy and a Critique of its Traditional Defence

四六判 210ページ 上製
定価:2,136円+税
ISBN978-4-915832-03-1(4-915832-03-1) C0016
奥付の初版発行年月:1994年03月

内容紹介

アメリカの政治倫理学者,R. ニーバーの主著の一つである本書は,デモクラシーという,現代世界において,再考を求められている思想原理を批判し,擁護する.権力が対立し,政治と経済が相剋する現実にあって,正義と自由を確立するためには,いかなる指導原理が存在するのか.人間の悪の問題の把握において深い洞察を欠いているマルクス主義,デモクラシー思想の楽観主義を批判し,キリスト教思想に基づくデモクラシー原理の正当性を弁護する.

著者プロフィール

武田 清子(タケダ キヨコ)

1917年生まれ。神戸女学院大学,オリヴェット大学,コロンビア大学,ユニオン神学校に学び,R・ニーバー,P・ティリッヒに師事。「近代日本におけるキリスト教の受容と人間形成の問題」により,東京大学より文学博士。1961年国際基督教大学教授,現在,同大学名誉教授。元世界教会協議会(WCC)会長。

上記内容は本書刊行時のものです。


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。