大学出版部協会

 

 『伝習録』(巻の上)を読む――桜下塾講義録現代に甦る陽明学

現代に甦る陽明学 『伝習録』(巻の上)を読む――桜下塾講義録

四六判 320ページ 並製
定価:2,200円+税
ISBN978-4-89205-502-7(4-89205-502-6) C3010
奥付の初版発行年月:2006年04月 / 発売日:2006年04月中旬

内容紹介

「革命の書」ともされてきた陽明学の古典、王陽明の主著『伝習録』を現代に通じる「警世・実践の書」とした画期的入門書。
気鋭の経済学者が、社会科学の視点から新たな読み方を提言する。著者は、現代社会に不足している重大な要素が陽明学にあると提起する。――その一つは現代の日本人が忘れている真の「心」であり、もう一つは近代科学を超克する認識論である。さらに、陽明学の「万物一体の仁」という考え方は、まさに現代人を癒す「薬」である、と説く。
今日、混迷の中にある日本人の精神の再構築を目指す「現代に生かす陽明学」を提唱する。現代人の「心」をゆさぶる書。

著者プロフィール

吉田 和男(ヨシダ カズオ)

京都大学経済学部卒業後、大蔵省入省。主計局監査などを務め大阪大学助教授などを経て京都大学大学院経済学研究科教授。2006年4月より京都大学経営管理大学院院長。工学博士、経済学博士。
著書に『日本型経営システムの功罪』(東洋経済新報社)『安全保障の経済学』(日本経済新聞社)他多数。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第1章 陽明学とは――今なぜ陽明学か/朱子学批判と心学の継承/王陽明の人となり/王陽明の思想のポイント/他
第2章 格 物――大学のプログラム/二つの「格物」/朱子学の格物と至善/格物は修養/現代における格物とは/他
第3章 良 知――良知とは/簡単明瞭な良知/良知の学/他
第4章 心則理――心と理/心則理と性則理とはどう違うのか/誠意は正心を導く/心は道なり天なり/正名
第5章 天理人欲――人欲と天理/仏教や道教との違い/人欲と出世/現代社会と人欲
第6章 知行合一――知とは何か/道徳は未発か已発か/他
第7章 事上磨練――修養のあり方/主一の功
第8章 万物一体の仁――「仁」の根源/厚薄のある仁/他
第9章 現代に甦る陽明学――日本人と陽明学/社会と一体の個人/複雑系の行動学/時代は変化しつつある/好きなことをしよう/現代に甦る陽明学


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。