大学出版部協会

 

人は何を旅してきたか

SI Libretto 001
人は何を旅してきたか

新書 232ページ 並製
定価:700円+税
ISBN978-4-88125-214-7 C0220
奥付の初版発行年月:2009年04月

内容紹介

古今の人文主義者が思索をふかめた「旅」の内面について、歴史・地理・産業の分野から考察して解き明かした。江戸期の産業観光、近代日本の旅行産業、ロシア軍人の墓と記念碑をたずねる旅、など。




著者プロフィール

内藤 雅雄(ナイトウ マサオ)

1940年 福井県生まれ 東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了 文学修士 現在,専修大学文学部教授[専門]南アジア近現代史[学会活動]日本南アジア学会,歴史学研究会。
[著書・論文]『ガンディーをめぐる青年群像』三省堂,1987。『カースト制度と不可触民―解放の思想と運動』(編著)明石書店,1994。『現代インドの展望』(共編著)岩波書店,1998。『移民から市民へ―世界のインド系コミュニティ』(共編著)東京大学出版会,2000。『南アジアの歴史』(共編著)有斐閣,2006。

青木 美智男(アオキ ミチオ)

1936年 福島県生まれ 東北大学大学院文学研究科修士課程修了 元専修大学文学部教授 現在,専修大学130年史編集主幹[専門]歴史学,日本近世文化史[学会・社会活動]歴史学研究会,愛知県史編さん専門委員近世部会長。
[著書]『一茶の時代』校倉書房,1988。『深読み浮世風呂』小学館,2003。『近世非領国地域の民衆運動と郡中議定』ゆまに書房,2004。

永江 雅和(ナガエ マサカズ)

1970年 福岡県生まれ 一橋大学経済学研究科後期博士課程単位取得退学 現在,専修大学経済学部教授[専門]日本経済史[学会・社会活動]政治経済学・経済史学会研究委員,千葉県史調査研究委員。
[著書・論文]『日本不動産業史』第5章第1節,第2節,橘川武郎・粕谷試編,名古屋大学出版会,2007。『高度経済成長期の農業問題』西田美昭・加瀬和俊編,日本経済評論社,2000。「向ヶ丘遊園の経営史―電鉄会社付帯事業としての遊園地業」『社会科学年報』専修大学社会科学研究所,2008。

大谷 正(オオタニ タダシ)

1950年 鳥取県生まれ 大阪大学大学院文学研究科博士後期課程修了 博士(文学) 現在,専修大学法学部教授[専門]日本近代史,メディア史[学会・社会活動]東アジア近代史学会事務局長。
[著書・論文]『兵士と軍夫の日清戦争』有志舎,2006。『近代日本の対外宣伝』研文出版,1994。『日清戦争の社会史』(共編)フォーラムA,1994。

高岡 貞夫(タカオカ サダオ)

1964年 東京都生まれ 東京都立大学大学院理学研究科博士課程単位取得退学 博士(理学) 現在,専修大学文学部教授[専門]自然地理学[学会・社会活動]日本地理学会,日本生態学会。
[著書・論文]『植生環境学―植物の生育環境の謎を解く』(共著)古今書院,2001。『景観の分析と保護のための地生態学入門』(共著)古今書院,2002。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

1 インド人の跡を追う旅  内藤雅雄 
  さまざまな旅、私の旅/インド系移民の流れ/インド系移民の跡を辿る旅/「ウガンダ・パーク」を求めて 

2 産業観光への誘い ― 物つくりの現場が名所になる時  青木美智男 
  風雅な芭蕉の旅/名所・旧跡へ誘う名所案内/物見遊山を勧める名所案内/物つくりの現場が新名所に/産業観光文芸の出現

3 近代日本の旅と旅行産業 JTBを中心として  永江雅和 
  近世から明治維新期の旅/ジャパン・ツーリスト・ビューローの設立/大正期以降の邦人客増加/戦時下の旅行業/戦後の業界復興と「日本交通公社」/高度経済成長と海外旅行

4 日露戦争で死亡したロシア軍人の墓と記念碑を訪ねる旅  大谷 正 
  日露戦争における戦没日本兵の墓と記念碑/日露戦争とロシア軍人捕虜/捕虜ロシア軍人の葬儀と墓の建立/日露戦争終了後の石製墓標と記念碑の建設/海戦で没したロシア軍人の墓/ロシア軍人墓の長崎悟真寺境内への改葬/満州地域のロシア軍人の墓と記念碑の建立

5 自然に出会う旅 ― 『ビーグル号航海記』に学ぶ風景発見の喜び  高岡貞夫 
  風景との出会い/なぜ自然の旅に出るのか/「美しい」自然風景/近代の探検家の旅/ダーウィンの自然観察/旅での驚きyた違和感/観光旅行と自然との出会い/自然と対話する旅/東京の自然に出会う旅




一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。