大学出版部協会

 

 キリスト教神話の再生ユングの宗教論

ユングの宗教論 キリスト教神話の再生

四六判 326ページ 上製
定価:2,900円+税
ISBN978-4-88125-164-5(4-88125-164-3) C3016
奥付の初版発行年月:2005年10月

内容紹介

ユングが展開してきた「神学」は異端的、異教的であり、新宗教やカルトとも並び称される。本書は、ユングが生涯にわたって示したキリスト教へのこだわりに着目し、その宗教論の特徴を明らかにする。

著者プロフィール

高橋 原(タカハシ ハラ)

1969年生まれ。東京都出身。
1994年 東京大学文学部宗教学宗教史学科卒業。
2004年 東京大学大学院人文社会系研究科博士課程修了。博士(文学)。
現在,財団法人国際宗教研究所研究員。東京女子大学,日本女子大学,立正大学で非常勤講師を務める。
『近代日本における知識人と宗教 ― 姉崎正治の軌跡』(共著)深澤英隆・磯前順一編,東京堂書店,2003。『ユングとスピリチュアリズム』(共訳)F. X. チャレット,第三文明社,1997。ほか

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第一章 序論
第二章 分析心理学は宗教か ― 近年の議論から
第三章 心理療法と世界観 ― ユング自伝に見る神話としての分析心理学
第四章 初期のキリスト教批判 ― 父とA. リッチェルとの対話
第五章 フロイトとの関係に見る宗教観
第六章 個体化論とグノーシス主義
第七章 ブーバーとの論争をめぐって
第八章 ホワイト神父との対話と『ヨブへの答え』
第九章 結論


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。