大学出版部協会

 

明治憲法 その独逸との隔たり

明治憲法 その独逸との隔たり

四六判 250ページ 並製
定価:2,500円+税
ISBN978-4-88125-108-9(4-88125-108-2) C1021
奥付の初版発行年月:1999年10月

前書きなど

19世紀ヨーロッパ憲政史に触れ、明治憲法体制においてドイツ主義受容の経緯を辿り、「比較憲法」の視点から憲法改正限界、輔弼・副署の二面性、官吏の義務などの相異を検証する。

著者プロフィール

石村 修(イシムラ オサム)

1946年 栃木県生まれ。
1969年 中央大学法学部卒業。
1978年 専修大学大学院法学研究科博士課程単位取得。
現在,専修大学法学部教授(法学博士)。
『憲法の保障』尚学社,1987。『憲法詳論』(共著)尚学社,1989。『いま戦争と平和を考える』(共編)国際書院,1993。『基本論点憲法』新版,法学書院,1996。『ドイツの最新憲法判例』(共編)信山社,1999。など

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序章 比較の中の明治憲法
2章 明治憲法とドイツ主義の受容
3章 独自性への回帰 ― 「国体」の論理
4章 立憲君主制の本質
5章 憲法を支える官吏の義務
終章 明治憲法体制の中のドイツ


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。