大学出版部協会

 

遊城南記/訪古遊記

遊城南記/訪古遊記

A5判 302ページ
定価:4,000円+税
ISBN978-4-87698-636-1(4-87698-636-3) C3022
奥付の初版発行年月:2004年10月 / 発売日:2004年08月中旬

内容紹介

唐の滅亡から180年を経た北宋末期の長安紀行『遊城南記』と,そのさらに530年後・明代後期に同地を訪れた『訪古遊記』.両者の翻訳と比較研究により,歳月の流れを示す.考古学的な研究成果と訳者自身による最近の現地調査もふまえ,奈良・京都のモデルとなりながら唐の滅亡後は再び都となることのなかった長安の歴史を描き出す.

著者プロフィール

愛宕 元(オタギ ハジメ)

現 職:京都大学人間・環境学研究科教授。文学博士。
専 門:中国中世・近世史専攻。
1943年、京都府で生まれる。
1970年、京都大学大学院文学研究科博士課程(東洋史学専攻)中退。
京都大学人文科学研究所助手、京都大学教養部助教授、同教授を経て、現在に至る。
最近の関心は、中国各地の歴史遺跡の踏査にある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

遊城南記 宋・張礼撰

訪古遊記 明・趙カン撰

 一 終南に遊ぶ
 二 九■に遊ぶ
 三 城南に遊ぶ

付録
 終南山に遊ぶの記 明・王九思撰
 終南山に遊ぶの記 明・都穆撰
解説

   図版出典一覧
   索  引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。