大学出版部協会

 

アメリカ知識人とラディカル・ビジョンの崩壊

アメリカ知識人とラディカル・ビジョンの崩壊

A5判 312ページ
定価:3,600円+税
ISBN978-4-87698-608-8(4-87698-608-8) C3098
奥付の初版発行年月:2003年01月 / 発売日:2003年01月下旬

内容紹介

1930年代のアメリカは「赤の時代」とも呼ばれ,多くの知識人が左傾化した.なぜ彼らは共産主義に接近し,その後「離脱」または「転向」する苦悩の過程をたどったのか.このアメリカの悲劇を,30年代の輝けるリーダー・カウリーから50年代のマシーセンに至るまで,作家や評論家などの思想的葛藤の軌跡の中に克明に描く.壮大なアメリカン・オデュッセイア.

著者プロフィール

前川 玲子(マエカワ レイコ)

京都大学総合人間学部助教授
1952年 兵庫県生まれ。
1985年 米国ケース・ウェスタン・リザーブ大学院博士課程修了(Ph.,D 取得)。
1989年 愛知県立女子短期大学・県立大学講師を経て助教授。
1992年 京都大学教養部助教授を経て現職。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 論
第1章 亡命者の帰還
 1 20年代と亡命者
 2 カウリーの30年代
 3 『黄金の山の夢』記憶の中の「同伴者」時代
第2章 ジョゼフ・フリーマンとラディカル・ビジョン
 1 ユダヤ系知識人とアメリカの夢
 2 失われた世代と希望の星ソヴィエト
 3 アメリカ共産党と文化戦線
第3章 知識人の自画像
 1 プロレタリア文学の中の知識人像
 2 テス・スレシンジャーの『呪縛を解かれて』
 3 エドワード・ニューハウスの『君たちの時代』
第4章 自分史、家族史、歴史ジョセフィン・ハープストを中心に
 1 忘却の中の三部作
 2 ジョセフィン・ハープストについて
 3 進歩史観と家族史
 4 女性知識人の模索
第5章 「プロレタリアン・ジャーニー」の行方ストライキ小説と知識人
 1 ストライキ小説の時代的背景
 2 リーダーと大衆『ストライキ!』
 3 労働者とインテリ『前方の影』
 4 工場は誰のものか?『豊かな土地』
 5 労働者のディストピア『疑わしき闘い』
 6 ストライキ闘争と階級闘争のビジョン
第6章 知識人の挫折
 1 神話の終焉チェンバレンとフィッシャー
 2 独ソ不可侵条約の衝撃グランヴィル・ヒックスの場合
 3 ラディカル・ビジョンの行方
第7章 そして何処に?
 1 エドマンド・ウィルソンフィンランド駅からの帰還
 2 メアリー・マッカーシーとユートピア
 3 「イデオロギーの終焉」をめぐって
第8章 ニューヨーク知識人たちの軌跡
 1 ライオネル・トリリングの旅路
 2 30年代からの出発二人のアーヴィング
 3 知識人の選択冷戦から赤狩りへ
第9章 F・O・マシーセンの悲劇
 1 1950年4月1日
 2 『アメリカン・ルネサンス』の後に
 3 冬の批評家閉塞の時代の中で
 結 語
 注
 引用・参照文献
 初出一覧
 あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。