大学出版部協会

 

英米文学と戦争の断層

英米文学と戦争の断層

A5判 318ページ 並製
定価:2,600円+税
ISBN978-4-87354-507-3 C3098
奥付の初版発行年月:2011年01月 / 発売日:2011年01月上旬

内容紹介

9.11同時多発テロやイラク戦争以後、戦争は世界各地の地殻を揺るがせている。現代のこの流れの中で戦争を考えるために、神話化された戦争を扱う文学を取り上げる。作家は極限状況に置かれた登場人物にいかに戦争と向きあわせ、人間性を描いてきたか。さらには戦争と人間の関わりの本質的意味へと思いを至らせる。


目次

まえがき
第一部 昔々の戦争
 第1章 シェイクスピア・戦争・神話(藤田 實)
 第2章 スペイン継承戦争とホイッグ的崇高(西山 徹)
 第3章 ホーソーンと追憶のなかのウルフ
      ―『英国ノート』 を通して―(入子 文子)       
第二部 前世紀の戦争 
 第4章 ディケンズによる奴隷制度批判と南北戦争前後の
      アメリカ(吉田 一穂)
 第5章 ヘンリー・ジェイムズの戦争感覚
      ―刻印された身体と複数のアイデンティティ― (中村 善雄)   
 第6章 戦争とコンラッド文学
      ―「エイミィ・フォスター」 と 『闇の奥』 を中心に― (松村 敏彦)   
 第7章 廃墟に佇む死霊たち
      ―ベケットにおける 『神曲』 的類比― (井上 善幸)    
第三部 当今の戦争
 第8章 ベンジャミン・ブリテンの 『戦争レクィエム』 をめぐって (安川 昱)
 第9章 シンシア・オジック 『ショールの女』 
      ―脱ホロコースト―(広瀬 佳司)
 第10章 視線が語る戦争
      ―『墜ちてゆく男』 における九・一一をめぐる目―(佐々木知彦)
 第11章 日本の英文学研究と戦争 (宇佐美太市)
あとがき
索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。