大学出版部協会

 

 生の体験から行為の理論へ熟達心理学の構想

熟達心理学の構想 生の体験から行為の理論へ

四六判 326ページ 上製
定価:3,000円+税
ISBN978-4-87354-481-6 C3011
奥付の初版発行年月:2009年12月 / 発売日:2009年12月中旬

内容紹介

認知科学者である著者が、インド心理学の知見、20数年に及ぶ仏像彫刻の内部観測・省察と認知科学の知見とを自らの実践を介して融合し、身体・行為の復権を目指したものである。表象と状況の二分法を人の働きの内に止揚して確立した熟達理論から、心理学、人工知能、認知臨床の研究の在り方を提言する野心作である。


目次

序 章
第1章 心理学のあり方
第2章 行為
第3章 身体
第4章 熟達者
第5章 熟達心理学
第6章 仏像彫刻
第7章 スキル
第8章 分析による行為の生成
第9章 分析を超えた行為の生成
第10章 透明な動き
第11章 境界と秩序
第12章 動的過程
第13章 学びにおける拘束の意味
終 章  新たな行為論を目指して



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。