大学出版部協会

 

 環境イノベーションへ向けてサステイナビリティ・サイエンスを拓く

サステイナビリティ・サイエンスを拓く 環境イノベーションへ向けて

A5判 254ページ 並製
定価:2,300円+税
ISBN978-4-87259-384-6 C3050
奥付の初版発行年月:2011年05月

内容紹介

サステイナビリティを知りたい人,実践したい人に
向けて,大阪大学サステイナビリティ・サイエンス
機構で推進してきた研究のとりまとめを基に,研
究システム,技術・制度・地域ケーススタディな
どについて幅広く取り上げ,環境イノベーション・
サステイナビリティ研究に対して視座を提供する.
また,大阪大学における現在の関連研究シーズ
マップを掲載し,今後の展望を示す.


目次

序章:「サステイナビリティ・サイエンスを拓く」の刊行にあたって(馬場章夫 )

第1部:サステイナビリティ・サイエンスの萌芽
1章:持続可能な社会の姿を科学的に、かつ、自由に描くという可能性(梅田靖)
2章:大阪大学サステイナビリティ・サイエンスの研究アプローチ (梅田靖)

第2部:持続可能社会を導くシナリオ・評価・イノベーション
3章:アジア地域の産業セクター将来シナリオを考える-−中国・長江デルタの事例(原圭史郎)
4章: サステイナビリティ評価(上須道徳)
5章:イノベーションと社会システム変革(山口容平、高橋康夫)
6章:環境政策と技術革新—ダイオキシン排出および廃棄物リサイクルにおける日本の経験から(Yabar Helmut)

第3部:制度設計とガバナンス
7章: 世界排出量取引構想:ポスト・コペンハーゲン合意の日本の戦略 (濱崎博、西條辰義)
8章:産業エコロジーから産業のリスクガバナンスへ(東海明宏)
9章:持続可能な社会づくりのための協働イノベーション(大久保規子)

第4部:持続可能な「地域」へ向けた実践と展望
10章:日本の環境モデル都市:政策的背景と実践(木村道徳)
11章:都市・農村連携を通した低炭素社会のデザイン
:Urban Green Engineering(小林昭雄、町村尚)
12章:地域文化の継承保存とサステイナビリティ(栗本修滋)

第5部:サステイナビリティ知識の構造化とシーズマップ
13章: オントロジー工学によるサステイナビリティ知識の構造化 (熊澤輝一、古崎晃司、溝口理一郎)
14章:持続可能社会を導くサステイナビリティ・シーズマップ (下田吉之、原圭史郎、中村信夫)
終章:持続可能な社会へ向けてー環境イノベーションデザインの展望 (山中伸介)



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。