大学出版部協会

 

 なぜ対立するのか東アジアのナショナリズムと近代

東アジアのナショナリズムと近代 なぜ対立するのか

四六判 346ページ 上製
定価:3,700円+税
ISBN978-4-87259-383-9 C3022
奥付の初版発行年月:2011年07月

内容紹介

本書の目的は,今日も日本・韓国・中国の間で発現する
ナショナリズムの対立の根はどこにあるのかを,近代の
歴史に沿ってその内面から理解することにある.ナショ
ナリズムとは国民的自尊心の表現であり,その根拠はナ
ショナル・アイデンティティ(集団としての国民の存在を
価値づけるもの)であると著者はいう.三国それぞれの
ナショナル・アイデンティティの発現の形と他者の歴史
認識を確認し,自己のナショナリズムの根拠を東アジア
地域の相互関係の中で理解することをめざす.

著者プロフィール

米原 謙(ヨネハラ ケン)

大阪大学大学院公共政策研究科教授

金 鳳珍(キン ボンジン)

北九州市立大学外国語学部国際関係学科教授

區 建英(オウ ケンエイ)

新潟国際情報大学教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序章 ナショナリズムをめぐる問い


第一章「国体」の創造

— 日本国体論とナショナリズム 国体ナショナリズムの形成/尊王攘夷
二 「内」と「外」—国民国家の構想 中華世界像の崩壊/福澤諭吉の国体論/「内」と「外」
三 国体ナショナリズムと「文明の義戦」 教育勅語/日清戦争


第二章開国前夜から日韓併合まで—朝鮮(1)
一 原初ナショナリズムの発現 尊華攘夷論/東学/尊華開国論
二 近代ナショナリズムの形成と分裂 穏健開化派のナショナリズム/急進開化派のナショナリズム/ナショナリズムの跛行
三 日清戦争とナショナリズムの相克 甲午改革政府/東学農民戦争/乙未義兵運動/独立協会運動/大韓帝国政府
四 日露戦争とナショナリズムの昂揚 アジア連帯論/抗日闘争とナショナリズム/


第三章日清戦争の衝撃と近代国家形成—中国(1)
一 洋務運動と早期維新派 世界への視野と「中体西用」/「商戦」への対応と「君民共治」/
二 戊戌変法とナショナリズム 日清戦争の意味/康有為・梁啓超・厳復の改革思想/ナショナリズムの萌芽
三 辛亥革命とナショナリズム 「喪権辱国」の深刻化と変革思想の転換/排満革命と民族主義
                      —三民主義の思潮/排満革命と民族主義—国粋主義の思潮/厳復の国民国家構想

第四章 「脱亜」から帝国主義へ—日本(1)
一 「世界の同情」を求めて 脱亜か興亜か/日露戦争/帝国日本
二 中国の胎動と日本 辛亥革命/二十一カ条要求と吉野作造の中国論/日本人移民問題と亜細亜モンロー主義
三 日中戦争と総力戦 ワシントン体制から満州事変へ/「東亜共同体」論/総力戦と知識人/「国体護持」と戦後ナショナリズム


第五章抵抗と妥協—朝鮮(2)
一 ナショナリズムの離散と噴出—武断統治期 国内の抗日運動/国外の抗日運動/三・一独立運動
二 ナショナリズムの分極化—文化政治期 国外のナショナリズム/国内のナショナリズム
三 ナショナリズムの離合集散—民族抹殺政策期 国内のナショナリズム/国外のナショナリズム/分裂と変質—解放後
                      解放政局の波乱と分裂/南北分断とナショナリズムの変質/


第六章侵略と抗日—中国(2)
一 アジア主義への呼応と反発 「アジア和親」の試み/軍閥と帝国主義/抵抗とアジア主義の転換
二 五・四運動と反帝ナショナリズム ナショナリズムと国際主義/国民革命と国共合作/孫文の「大アジア主義」
三アジア民族同盟と統一戦線下の抗日戦争 アジア民族会議とアジア主義の分岐/国共対立と日本の侵略拡大/抗日民族統一                               戦線、独立の実現


終章 東アジアのナショナリズムの相克—あとがきとして



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。