大学出版部協会

 

 光合成から光発電へ太陽光が育くむ地球のエネルギー

阪大リーブル18
太陽光が育くむ地球のエネルギー 光合成から光発電へ

四六判 136ページ 並製
定価:1,600円+税
ISBN978-4-87259-303-7 C1354
奥付の初版発行年月:2009年10月 / 発売日:2009年10月中旬

内容紹介

太陽光発電を中心とした未来へ向けてのエネルギー問題の解決策について, 専門家が市民に向けてわかりやすく解説する.

著者プロフィール

濱川 圭弘(ハマカワ ヨシヒロ)

大阪大学名誉教授、元立命館大学副学長(総長顧問)

太和田 善久(タワダ ヨシヒサ)

大阪大学ナノサイエンスデザイン教育研究センター特任教授 、株式会社カネカ 常務理事RD推進部イノベーション企画部長 

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに 豊かなエネルギーと暮らし

Ⅰ地球環境を維持しつつ豊かな暮らしを

Ⅱ快適な暮らしを支える太陽エネルギー

Ⅲ太陽光発電の起源

Ⅳ半導体太陽電池が地球を救う

Ⅴ自然に学ぶ次世代の太陽電池

Ⅵ太陽の恵みで自宅の電気をまかなう

おわりに エネルギー自立社会を目指して


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。