大学出版部協会

 

 「心み」の宗教日蓮における宗教的自覚と救済

日蓮における宗教的自覚と救済 「心み」の宗教

A5判 536ページ 並製
定価:7,000円+税
ISBN978-4-86163-277-8 C3015
奥付の初版発行年月:2017年11月 / 発売日:2017年11月下旬

内容紹介

日蓮の言葉の中にある「仏の御心」とは。伊豆流罪、小松原法難、佐渡流罪、そして身延期へと、多様な変遷を余儀なくされた日蓮の思索は、自身の宗教的自覚を研ぎ、現実超越の「こころみ」へと至る。詳細な読解と解釈から日蓮自身の思想転回をたどり、宗教学および日本思想史のアプローチによりその実像を浮き彫りにする。

著者プロフィール

間宮 啓壬(マミヤ ケイジン)

1963年 富山県高岡市生まれ
現 在 身延山大学仏教学部教授
    高岡妙法山立像寺(りゅうぞうじ)住職
    博士(文学)東北大学

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第1部「爾前」の日蓮
 第一章 教相知と実践知
 第二章 「法華経の持経者」から「法華経の行者」へ
 第三章 台密批判への道程
第2部「魂魄」からの「再生」、そして「超越」へ 
 第一章 画期としての佐渡
 第二章 見延入山の意図と意義
 第三章 「愚者」と「智人」
第3部「一念三千の成仏」
 第一章 即身成仏と霊山往詣ー日蓮における救済の構造
 第二章 女人の救済
 結 章 


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。