大学出版部協会

 

 実りの進化生態学野生イネの自然史

野生イネの自然史 実りの進化生態学

A5判 228ページ
定価:3,000円+税
ISBN978-4-8329-8061-7(4-8329-8061-0) C3045
奥付の初版発行年月:2003年10月 / 発売日:2003年10月下旬

内容紹介

野生イネは,きれいな花を咲かせることもなく良い匂いがするわけでもない,私たちには,ただの雑草にしか見えない地味な植物である。残念ながら日本には自生していない。著者の半数近くが「外国人」である理由はここにある。しかし,このつつましやかな植物が,世界の半分近い人間が主食としている「稲」を生んだ重要な野生植物なのである。本書ではわれわれ日本人にとってもっとも身近な植物である「稲」の祖先種をもとに植物の多様な適応戦略をさぐる。

著者プロフィール

森島 啓子(モリシマ ヒロコ)

東京農業大学教授

秋本 正博(アキモト マサヒロ)

帯広畜産大学畜産学部助手

安藤 晃彦(アンドウ アキヒコ)

元サンパウロ大学ルイス・デ・ケイロッス農科大学教授

才  宏偉(Cai, Hongwei)

日本草地畜産種子協会飼料作物研究所研究員

佐藤 雅志(サトウ タダシ)

東北大学大学院生命科学研究科助教授

佐藤 洋一(サトウ ヨウイチロウ)

静岡大学農学部助教授

島本 義也(シマモト ヨシヤ)

東京農業大学生物産業学部教授・北海道大学名誉教授

徐 學洙(Suh, Hak Soo)

嶺南大学生物資源学部教授

許  文會(Heu, Men Hue)

ソウル大学名誉教授

Vaughan, Duncan  (Vaughan, Duncan  )

農業生物資源研究所集団動態研究チーム・チーム長

米澤 勝衛(ヨネザワ カツエイ)

京都産業大学工学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序章 野生イネのプロフィール(森島啓子)
第Ⅰ部 野生イネの生活史
第1章 フィールドと実験室のあいだで(森島啓子)
第2章 種子とクローンの両方で殖える集団の遺伝理論(米澤勝衛)
第Ⅱ部 生きるためのさまざまな適応
第3章 イネ属二倍体CCゲノム種にみられる熱帯の森林‐サバンナ連続移行地帯への適応(ダンカン A. ヴォーン/森島啓子訳)
第4章 南米野生イネの旅:アマゾンからチャコまで(安藤 晃彦)
第5章 野生イネに内生する窒素固定エンドファイト(佐藤雅志)
第6章 雑草イネとは?(徐 學洙・許 文會)
第Ⅲ部 野生イネの過去,現在,未来
第7章 野生イネの考古学(佐藤洋一郎)
第8章 中国野生イネの実態(才 宏偉)
第9章 野生イネO. rufipogon集団の姿(島本義也)
第10章 野生イネは生き続けられるか(秋本正博)

引用・参考文献


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。