大学出版部協会

 

 犠牲とコミュニオンフランソワ・モーリヤック論

フランソワ・モーリヤック論 犠牲とコミュニオン

A5判 510ページ
定価:8,000円+税
ISBN978-4-8329-5741-1(4-8329-5741-4) C3098
奥付の初版発行年月:1996年01月 / 発売日:1996年02月下旬

内容紹介

モーリヤックの全作品に広く言及しながら, 「犠牲とコミュニオン」 をキーワードに詳細に分析. 従来の解釈では明らかにされてこなかった,希望のメッセージを伝えるモーリヤックを浮かび上がらせ,新しい解釈に基づくモーリヤックの全体像を提示する.全作品の紹介を付す.

著者プロフィール

竹中 のぞみ(タケナカ ノゾミ)

北海道大学言語文化部助教授

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第 1章  人と作品,およびその生まれた風土
第 2章  小説世界に関する三つの問題点
第 3章  一般的な意味での犠牲とその昇華
第 4章  運命の共同体
第 5章  苦悩の転換
第 6章  超自然的現象を描くための技法
第 7章  犠牲の生み出す実り
第 8章  時空を越えた魂の交わり
第 9章  テレーズ・デスケルー—連帯性の欠如あるいは希望の喪失
第10章  結 論



一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。