大学出版部協会

 

人権論の新展開

北海道大学法学部ライブラリー 1
人権論の新展開

A5判 366ページ
定価:4,800円+税
ISBN978-4-8329-2611-0(4-8329-2611-X) C3332
奥付の初版発行年月:1999年02月 / 発売日:1999年02月下旬

内容紹介

人権論の歴史をふまえ,国籍取得権や子どもの人権,被疑者の権利,労働者の団結権など具体的な事例との関連で人権論のいっそうの深化を試みる.執筆者:中村睦男・高見勝利・中川明・奥田安弘・岡田信弘・白取祐司・能勢弘之・保原喜志夫・道幸哲也.

著者プロフィール

高見 勝利(タカミ カツトシ)

北海道大学法学部教授.憲法

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

Ⅰ 人権の観念と理論の歴史
人権観念の歴史的展開 (中村睦男)
民の義務から個の人権へ—憲法体制の転換と宮沢俊義の「人権」論 (高見勝利)

Ⅱ 人権論の新局面
子どもの死をめぐる学校の説明責任 (中川 明)
国際人権法における国籍取得権 (奥田安弘)
第三世代の人権論—その提起するもの (岡田信弘)

Ⅲ 刑事手続法の歴史と制度
フランス刑事手続における防御権概念の成立 (白取祐司)
憲法上の一罪 (能勢弘之)

Ⅳ  労働法制の新たな課題
職業性疾病認定の一断面—保母等の頸肩腕症候群について (保原喜志夫)
団結権保障システムの展開と課題 (道幸哲也)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。