大学出版部協会

 

 ブレトンウッズから金融グローバル化へIMF自由主義政策の形成

IMF自由主義政策の形成 ブレトンウッズから金融グローバル化へ

A5判 282ページ 上製
定価:5,800円+税
ISBN978-4-8158-0780-1 C3033
奥付の初版発行年月:2014年09月

内容紹介

アジア通貨危機やリーマンショックなどの金融危機対応に示されたIMFの政策体系の起源とは。グローバリゼーション批判や機能不全との通説を超え、戦後世界経済の為替自由化に果たした役割を再評価、今日に及ぶ経済政策の新たな全体像を示し、ブレトンウッズ体制の核心に迫る気鋭の成果。


目次

序 章 ブレトンウッズ体制下のIMF —— 自律的な政策形成へ
     1 国際通貨システムの安定とIMF —— その歴史性
     2 ブレトンウッズ体制下のIMFをめぐる言説 —— 課題と方法

第1章 多角主義からアブソープションアプローチへ
       —— IMF経済政策の起源 1944-52
     1 多角主義の方策をめぐる論争とIMF
     2 「開店休業状態」 のIMF —— OEECとEPUの台頭
     3 マクロ政策介入の理論と方法 —— IMF復権に向けた試み

第2章 14条コンサルテーションの開始とポンド交換性回復の試み
       —— 為替自由化をめぐるマクロ政策調整 1952-54
     1 IMF協定14条コンサルテーションの始まり
     2 多角的決済体制とポンド
     3 対外均衡をめぐるマクロ政策調整 —— 拡張路線への微温的介入

第3章 為替自由化とポンド危機
       —— マネタリーアプローチと融資政策 1955-57
     1 対英政策の変容 —— マクロ政策介入の強化
     2 ポンドの危機とIMF —— 国際通貨システムの安定をめぐる挑戦
     3 IMFの復権

第4章 多角的決済体制の樹立からシステム不安へ
       —— 資本自由化の潮流とIMF 1958-61
     1 多角的決済体制の樹立と戦後過渡期の終了
     2 国際通貨システムの動揺とIMF —— 「新たな課題」 の登場

終 章 ブレトンウッズ体制の変容とIMF ——総括と展望

附 表 世界金融危機とIMF改革
附 録 スタッフ・理事一覧


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。