大学出版部協会

 

 ロシアと「満洲」 1896-1935中東鉄道経営史

中東鉄道経営史 ロシアと「満洲」 1896-1935

A5判
定価:6,600円+税
ISBN978-4-8158-0711-5 C3022
奥付の初版発行年月:2012年11月

内容紹介

シベリアから 「満洲」 へ —— 。東清ないし東支鉄道ともよばれ、「満洲」 を通るロシアの 「植民地化会社」 として、露・中・日・仏・米が角逐する国際政治の焦点となった中東鉄道。海運とも連動する鉄道事業経営と、収用地や警備隊による植民地経営が一体となった、その全体像を初めて実証的に解明。西洋史・東洋史・日本史を横断する跨境的な東北アジア近現代史を描きだす。


目次

序 章
     1 本書の意義
     2 先行研究
     3 本書の視角と構成
     4 史料、用語、ロシアの政策決定機構について

第1章 中東鉄道をめぐる国際環境
     はじめに
     1 中東鉄道とロシア帝国
     2 ロシア革命後の混乱
     3 ソ連と中国、満洲国の合弁経営
     小 括

第2章 中東鉄道の組織構造と社員
     はじめに
     1 監督官庁と、筆頭株主の露清銀行
     2 社内の組織構造
     3 敷設期の社員たち
     4 経営開始後の社員たち
     小 括

第3章 鉄道事業 —— 路線、収支、貨客の分析
     はじめに
     1 鉄道の敷設と幻の複線化、延伸計画
     2 中東鉄道の財政
     3 輸送貨客量の変遷
     4 上位輸送貨物の分析
     小 括

第4章 鉄道・港・海運の 「三位一体の交通システム」
     はじめに
     1 不凍の商港の夢、大連 (ダーリニー)
     2 海洋汽船
     3 日露戦争後の 「三位一体の交通システム」 の再建
     小 括

第5章 植民地としての収用地の形成と変容
     はじめに
     1 収用地の形成
     2 収用地への入植をめぐる諸問題
     3 ロシア式行政の確立
     4 中国による利権回収から満洲国の統治下へ
     小 括

第6章 燃料資源の確保をめぐる苦闘
     はじめに
     1 鉱山と森林の利権獲得
     2 薪と撫順炭への依存
     3 燃料資源の転換
     小 括

第7章 中東鉄道警備隊と護路軍
     はじめに
     1 警備隊の成立
     2 義和団戦争と軍拡
     3 日露戦争後の再編と辛亥革命時の干渉
     4 護路軍への再編と解体
     小 括

終 章 「植民地化会社」 の 「罪と罰」
     1 結 論
     2 残された課題と展望


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。