大学出版部協会

 

帝国主義日本の対外戦略

帝国主義日本の対外戦略

A5判 336ページ 上製
定価:5,600円+税
ISBN978-4-8158-0707-8 C3033
奥付の初版発行年月:2012年08月

内容紹介

日本の経済人はなぜアジア太平洋戦争を阻止できなかったのか —— 長年の研究にもとづき、近代の植民地帝国の形成から、在華紡路線・満鉄路線の対抗をへて、盧溝橋事件へと至る歴史を丹念に跡付け、新たな全体像を描く。碩学による日本帝国主義史の決定版。


目次

序 章 帝国主義日本の歴史をどのように捉えるか

第1章 「日本型ブルジョアジー」 の系譜とエートス
     1 近世日本と近代日本をつなぐ 「商人的対応」
     2 近世商人の活動を支えた石門心学
     3 幕末維新期の石門心学 —— 近江商人と大倉喜八郎
     4 渋沢栄一と福沢諭吉に共通するもの
     5 「日本型ブルジョアジー」 のエートス

第2章 外資排除による産業革命と日清戦争
     1 「自由貿易帝国主義」 下における外資排除
     2 明治初年の外資侵入と明治政府の対応
     3 初期的な企業勃興と外資排除論の動揺
     4 産業革命の推進と外資排除政策の狭間で
     5 日中対立下の朝鮮社会の発展と甲午農民戦争
     6 内地雑居論争と 「軟弱外交」 批判

第3章 早熟的資本輸出と植民地帝国の形成
     1 「日清戦後経営」 論 —— 帝国主義転化と産業資本確立の関連
     2 朝鮮との貿易の進展と民間資本輸出の実行
     3 日露戦争への道 —— それは回避できたか?
     4 植民地帝国の構築とその初期の特質

第4章 第一次世界大戦への対応とその限界
     1 世界大戦の画期性と日本軍部による認識
     2 大戦期における日本経済の段階的発展
     3 軍需工業動員法の制定と総力戦体制の構築プラン

第5章 1920年代の対外膨張戦略 (1) 在華紡路線
     1 資本輸入国から資本輸出国への転換
     2 「軽工業主義」 か 「重工業主義」 か?
     3 綿紡績資本の中国一斉進出とその経営成績
     4 在華紡の活動と日貨ボイコットの関係

第6章 1920年代の対外膨張戦略 (2) 満鉄路線
     1 満鉄の経営多角化と対外交渉
     2 民間ブルジョアジーによる満州投資の特徴
     3 満蒙領有論 (石原莞爾) と満蒙放棄論 (石橋湛山)
     4 満州事変への動きと柳条湖事件

第7章 満州事変への日本ブルジョアジーの対応
     1 柳条湖事件直後の財界諸団体の反応
     2 「満蒙時局懇談会」 でのブルジョアジーの意見の対立
     3 対日経済絶交運動の深刻化と上海事変
     4 紡績ブルジョアジーのエートス

第8章 準戦時体制下における対外膨張
     1 満州事変期における高橋財政
     2 日印会商と満州問題
     3 植民地工業化と満州開発
     4 華北への侵略の拡大

終 章 帝国主義日本の挫折
      —— 「政治的資本主義」 の末路


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。