大学出版部協会

 

 生命の教養学15組織としての生命

組織としての生命 生命の教養学15

A5判 240ページ 並製
定価:2,400円+税
ISBN978-4-7664-2598-7 C0045
奥付の初版発行年月:2019年04月 / 発売日:2019年05月上旬

内容紹介

▼生命は組織なのか、組織が生命なのか
▼さまざまな組織体を一つの生命体としてひも解く知の冒険。

「生命」の意味を限りなく広く捉えていく「生命の教養学」。
「生命は組織である」「組織は生命である」というテーマをもとに、さまざまな組織体を一つの生命体ととらえ、論じる。
今回の「組織としての生命」の各論は、生命体をつくるための細胞という生物学的なアプローチから出発し、企業組織、スポーツ、遺伝子制御ネットワーク、昆虫の社会、人類の進化、ドイツ文学、軍隊、宗教と国家、哲学などのジャンルを生命体として取り上げ、生命という概念を理解できるように試みる。

著者プロフィール

荒金 直人(アラカネ ナオト)

慶應義塾大学理工学部准教授。1969年生まれ。ニース大学大学院哲学専攻博士課程修了、博士号(哲学)取得。専門はフランス哲学、科学論。著書に『写真の存在論――ロラン・バルト『明るい部屋』の思想』(慶應義塾大学出版会、2009年)、翻訳にジャック・デリダ『フッサール哲学における発生の問題』(共訳、みすず書房、2007年)、ブリュノ・ラトゥール『近代の〈物神事実〉崇拝について――ならびに「聖像衝突」』(以文社、2017年)などがある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

はじめに   荒金 直人

細胞から個体へつなぐ組織としてのルール   堀田 耕司

生存戦略としての多様性   坂内 健一

スポーツ組織としての生命   鳥海 崇

企業組織の寿命   山尾佐智子

生命現象を組織として理解する   舟橋 啓

昆虫の社会
 協力と裏切りがうずまく組織   林 良信

人類進化の群れ・集団・組織   河野 礼子

慣習としての生命/出来事としての生命
 生命・生活・生存   大宮勘一郎

生命体としての軍隊   黒沢 文貴

宗教組織と政治の組織   田上 雅徳

現象と自由   斎藤 慶典


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。