大学出版部協会

 

 ―家計パネルデータからみた市場の質日本の家計行動のダイナミズム[Ⅸ]

日本の家計行動のダイナミズム[Ⅸ] ―家計パネルデータからみた市場の質

B5変 380ページ 並製
定価:4,200円+税
ISBN978-4-7664-2046-3 C3333
奥付の初版発行年月:2013年06月 / 発売日:2013年06月下旬
発行:慶應義塾大学出版会  
発売:慶應義塾大学出版会
この大学出版部の本一覧
在庫あり

内容紹介

家計行動の構造を分析するシリーズ第9弾。

▼大規模なパネルデータを用いて人々の意識と暮らしの変化を追跡・分析する「慶應義塾家計パネル調査」(KHPS:Keio Household Panel Survey)を使用した家計パネル調査研究9年目の成果を発信。

▼本書は、<KHPS調査2012年の概要と2012年追加サンプルについての検証>、<主に労働市場の質から見た、就労・家庭内労働・結婚の分析>、<出産・子育てと就労行動の分析>、さらに<KHPSと2011年度に実施した「東日本大震災に関する特別調査」を活用した各種の分析>の4つのパートから成る。

▼世界金融危機、東日本大震災と原発事故、欧州金融危機など、さまざまな環境変化やショックを経験した家計行動の変容に伴う「市場の質」の変化に着目することで、質の高い政策論議に貢献する。

著者プロフィール

瀬古 美喜(セコ ミキ)

武蔵野大学政治経済学部教授・慶應義塾大学名誉教授

照山 博司(テルヤマ ヒロシ)

京都大学経済研究所教授

山本 勲(ヤマモト イサム)

慶應義塾大学商学部准教授

樋口 美雄(ヒグチ ヨシオ)

慶應義塾大学商学部教授

上記内容は本書刊行時のものです。

(執筆順。所属・肩書は2013年6月30日現在)
【編者】
瀬古 美喜(せこ みき)序章・10章執筆/武蔵野大学政治経済学部教授・慶應義塾大学名誉教授
照山 博司(てるやま ひろし)序章・8章・9章執筆/京都大学経済研究所教授
山本 勲(やまもと いさむ)序章執筆/慶應義塾大学商学部准教授
樋口 美雄(ひぐち よしお)序章執筆/慶應義塾大学商学部教授

【執筆者】
坂本 和靖(さかもと かずやす)1・2章執筆・調査票集計/群馬大学社会情報学部准教授
小林 徹(こばやし とおる)1・3章執筆/慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程・元慶應―京大連携グローバルCOEプログラム研究員
萩原 里紗(はぎわら りさ)1・4章執筆/慶應義塾大学商学部助教(有期)・慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程
曺 成虎(ちょ そんほ)1・5章執筆/大阪商業大学JGSS研究センターPD研究員
何 芳(か ほう)1・6章執筆/慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程・元慶應―京大連携グローバルCOEプログラム研究員
石野 卓也(いしの たくや)1・10章執筆/金沢星稜大学経済学部講師
深堀 遼太郎(ふかほり りょうたろう)1章執筆/慶應義塾大学大学院商学研究科後期博士課程・日本学術振興会特別研究員
佐藤 一磨(さとう かずま)3章執筆/明海大学経済学部専任講師
柴田 章久(しばた あきひさ)7章執筆/京都大学経済研究所教授
Raymo, James(レイモ、ジェームズ)7章執筆/ウィスコンシン大学マディソン校社会学部教授
松浦 司(まつうら つかさ)8章執筆/中央大学経済学部准教授
木村 匡子(きむら まさこ)9章執筆/名古屋市立大学大学院経済学研究科准教授
佐々木 公明(ささき こうめい)11章執筆/尚絅学院大学学長
横井 渉央(よこい たかひさ)11章執筆/東北大学大学院情報科学研究科助教

目次

はしがき

序 章 本書の目的と概要
    瀬古美喜/照山博司/山本勲/樋口美雄
 第1節 本書の目的
 第2節 本書の概要

   第Ⅰ部 KHPSの標本特性

第1章 東日本大震災前後における家計行動の変化
    ――KHPS2012調査から
    坂本和靖/石野卓也/萩原里紗/曺成虎/小林徹/何芳/
    深堀遼太郎
 第1節 はじめに
 第2節 2012年調査の概要と回答状況
 第3節 景気変動と家計行動――2012年調査結果から
  1 生活と就業
  2 学びの活動
  3 生活習慣と健康状態
  4 資産・負債
  5 世帯収入と消費支出
  6 住宅
 第4節 おわりに

第2章 KHPS2012 新規対象サンプルの標本特性
    坂本和靖
 第1節 はじめに
 第2節 調査の実施方法
  1 調査の内容
  2 標本設計
  3 調査の実施
 第3節 2012年新規対象サンプルの標本特性
  1 回収状況
  2 主な項目への回答率
  3 KHPSと他の統計調査との比較
 第4節 おわりに

   第Ⅱ部 就労・家庭内労働・結婚(査読論文)
 
第3章 自己啓発の実施と再就職・失業・賃金
    小林徹/佐藤一磨
 第1節 問題意識
 第2節 先行研究
 第3節 データ
 第4節 自己啓発の実施と再就職・失業・賃金の関係
 第5節 推計手法
  1 自己啓発の実施に関する推計手法
  2 自己啓発の実施が再就職・無業化抑制・賃金に及ぼす影響に関す
    る推計手法
 第6節 推計結果
  1 自己啓発の実施に関する推計結果
  2 自己啓発の実施が就業に与える影響の推計結果
  3 自己啓発の実施が賃金に与える影響の推計結果
 第7節 結論

第4章 労働時間制度が主観的厚生に与える影響の考察
    萩原里紗
 第1節 はじめに
 第2節 データ
 第3節 現状分析
  1 労働時間制度の種類別構成比
  2 制度間の移行確率
  3 労働時間制度別の主観的厚生
  4 労働時間制度別にみた正規労働者の属性
  5 各労働時間制度下における労働時間の長さ
 第4節 労働時間制度と主観的厚生との理論的関係と実証方法
 第5節 推定結果
  1 心身症状指標
  2 主観的健康度
  3 仕事の充実度・満足度
 第6節 おわりに

第5章 家庭内労働と男女間の賃金格差
    曺成虎
 第1節 はじめに
 第2節 理論モデル
 第3節 先行研究
 第4節 計量モデル
  1 家庭内労働と賃金
  2 賃金格差の要因分解
 第5節 データおよび変数
 第6節 分析結果
  1 頑健性のテスト
  2 家庭内労働と賃金
  3 賃金格差の要因分解
 第7節 まとめと政策的インプリケーション

第6章 男女比の変化と未婚女性の結婚行動
    ――メイトサーチモデルに基づく実証分析
    何芳
 第1節 はじめに
 第2節 先行研究および本章の特徴
  1 先行研究のサーベイ
  2 本章の特徴
 第3節 データおよび予備的観察
  1 利用するデータ
  2 マクロデータからみた日本の結婚市場
  3 KHPSとJHPSによる観察
 第4節 実証分析
  1 推定手法
  2 説明変数の設定
  3 推定結果
    ――女性の結婚タイミングに関するCox比例ハザード分析
 第5節 結論

   第Ⅲ部 出産・子育てと就労行動

第7章 男女の経済的リスクの変動が出生率に及ぼす影響について
    柴田章久/ジェームズ・レイモ
 第1節 はじめに
 第2節 経済的リスクと出生行動
 第3節 経済的リスクと出生率
 第4節 おわりに

第8章 子ども数が生活満足度に与える影響
    ――KHPSを用いた検証
    松浦司/照山博司
 第1節 はじめに
 第2節 先行研究のサーベイ
  1 海外における先行研究
  2 日本における先行研究
 第3節 生活満足度と子ども数――再考
 第4節 データについて
  1 データの特徴と変数について
  2 生活満足度と子ども数――概観
 第5節 実証分析
  1 基本推定
  2 ライフサイクル的視点
  3 子育ての時間的負担
 第6節 結語

第9章 転職の誘因と転職による賃金変化
    ――KHPSを用いた検証
    木村匡子/照山博司
 第1節 はじめに
 第2節 転職による賃金変化率の分布
 第3節 労働者の転職誘因
 第4節 転職と仕事の満足度
 第5節 転職と年功賃金
 第6節 おわりに

    第Ⅳ部 震災と日本社会の価値観の変容

第10章 東日本大震災後の自然災害に対する備えの意識の推移
     石野卓也/瀬古美喜
 第1節 はじめに
 第2節 データ
 第3節 実証分析
 第4節 結論

第11章 東日本大震災と日本人の価値観の変容
     佐々木公明/横井渉央
 第1節 はじめに
 第2節 アンケート集計結果
 第3節 分割表による分析
  1 価値観の変容
  2 不安や恐怖の変化
  3 復興支援額の差異
  4 消費の自粛行動
 第4節 結論

付録 調査票
索 引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。