大学出版部協会

 

現代語訳 文明論之概略

現代語訳 文明論之概略

福澤諭吉:著, 伊藤正雄:訳・注, 安西敏三:監修
四六判 600ページ 上製
定価:3,500円+税
ISBN978-4-7664-1744-9
奥付の初版発行年月:2010年09月 / 発売日:2010年09月中旬

内容紹介

正確な現代語訳で読む、近代日本最高の名著。
▼福澤諭吉『文明論之概略』(明治8年)は、近代日本の名著のひとつに数えられている一方で、大冊であり、また文章が現代人にはなじみにくく、これまで広い読者には恵まれてこなかった。本書は、福澤諭吉研究の第一人者が正確に現代語訳した、『口訳評注 文明論之概略—今も鳴る明治先覚者の警鐘—』(弊社刊、1970年)を改題し、さらに読みやすくするための再編集を行った。日本で唯一の現代語訳版『文明論之概略』である。
▼現代人には分かりづらい表現は文章を補って訳し、歴史的人名や理解が難しい事項には詳細な注を付したのに加え、各章の冒頭には、訳者の手になる各章の「要旨」を載せた。
▼訳者による詳細な解説のほかに、監修者による1970年代以降の福澤研究の進展も視野に入れた解題を掲載した。


【訳・注】

伊藤正雄(いとう まさお)

甲南大学名誉教授。故人(1978年没)。

1902年生まれ。神宮皇學館教授、甲南大学教授、神戸女子大学教授を歴任。



【監修】

安西敏三(あんざい としみつ)

甲南大学法学部教授、法学博士。

1948年生まれ。慶應義塾大学大学院法学研究科単位取得退学。

目次

はしがき
凡例

緒 言
第一章 議論の本位を定むること
第二章 西洋の文明を目的とする事
第三章 文明の本旨を論ず
第四章 一国人民の智徳を論ず
第五章 前論の続き
第六章 智徳の弁
第七章 智徳の行わるべき時代と場所とを論ず
第八章 西洋文明の由来
第九章 日本文明の由来
第一〇章 自国の独立を論ず

要旨・評説

解説
解題(安西敏三)
索引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。