大学出版部協会

 

嗜好品カートとイエメン社会

嗜好品カートとイエメン社会

A5判 350ページ 上製
定価:6,000円+税
ISBN978-4-588-33601-0 C3039
奥付の初版発行年月:2017年08月 / 発売日:2017年08月上旬

内容紹介

現代イエメンの経済・文化・社会に大きな影響力をもつ嗜好品カート。その生産・流通・消費をめぐる現地調査を通じて、イエメン独自のイスラーム社会を描いた民族誌的研究。商品作物としてのカートについて日本語で書かれた初の総合的モノグラフである本書は、中東世界の多様性のみならず、人類の嗜好品との関係について普遍的な理解をもたらす。地域研究を超えた、人文社会科学全般への貢献。

著者プロフィール

大坪 玲子(オオツボ レイコ)

東京大学教養学部教養学科卒業、東京大学大学院総合文化研究科博士課程単位修得退学。博士(学術)。現在同研究科学術研究員。専門は文化人類学。共著に『〈断〉 と 〈続〉 の中東──非境界世界を游ぐ』悠書館(2015年)、主な論文に「誠実な浮気者──イエメンにおけるカート市場の事例から」『文化人類学』(2013年)、「浮気できない人々──イエメンのカート商人の比較」『アジア・アフリカ言語文化研究』(2016年)がある。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

序 論 イエメン、カート、イスラーム
 1 はじめに
 2 一つめの違和感──部族とカート
 3 二つめの違和感──イスラーム経済とカート
 4 本書の構成
 5 調査に関して

第1章 カート伝来と消費の拡大
 1 はじめに
 2 カート伝来
 3 広がる消費
 4 南北イエメン時代
 5 統合イエメン時代

第Ⅰ部 カートを噛む
 セッション会場にて

第2章 カートをめぐるマナー
 1 噛む準備
 2 セッション会場
 3 通過儀礼とカート

第3章 消費の変化
 1 はじめに
 2 一九七〇年代のカート・セッションの特徴
 3 二〇〇〇年代のカート・セッションの特徴
 4 おわりに

コラム 男女の生活空間の分離の実際

第Ⅱ部 嗜好品か薬物か
 嗜好品への執念

第4章 薬物としてのカート
 1 生産地と消費地
 2 薬物とは何か
 3 薬物としてのカート
 4 イエメンにおけるカート問題

第5章 嗜好品としてのカート
 1 嗜好品とは何か
 2 結衆の手段
 3 消費する場所
 4 消費形態の多様化

コラム イルハームの決断

第Ⅲ部 カートを作る
 カート生産地にて

第6章 生産者とカート
 1 生産方法
 2 生産者の生活

第7章 コーヒーとカート
 1 はじめに
 2 生産と販売の比較
 3 カート化の実際
 4 コーヒー化の可能性

コラム 飲み物の話

第Ⅳ部 カートを売買する
 カート市場にて

第8章 流通経路とその効率化
 1 はじめに
 2 市場、商人、カート
 3 道路開発と流通量の増加
 4 流通の特徴と変化
 5 おわりに

第9章 商人、生産者、購入者の関係
 1 はじめに
 2 情報の非対称性と信頼関係
 3 カート市場の特徴
 4 カート市場における信頼関係
 5 考 察

コラム 女性と買い物

結 論 ゆるやかな関係
 1 議論の総括
 2 ゆるやかな関係


あとがき
資 料
参考文献
索 引


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。