大学出版部協会

 

 著作権法に則った「論文作法」学術論文のための著作権Q&A

学術論文のための著作権Q&A 著作権法に則った「論文作法」

新書 176ページ
定価:1,400円+税
ISBN978-4-486-01782-0 C2232
奥付の初版発行年月:2008年02月

内容紹介

執筆から出版までに遭遇する様々な著作権問題にQ&A方式で答える入門書。最高裁での判例や著者が受けた著作権相談をふまえ、実用書としてさらに充実した内容となった新訂2版である。大学生・研究者・編集者の必携書。


目次

まえがき
学術論文の著作権基礎知識
Q1 出所明示の作法
  Q1-1 孫引き引用の出所明示
  Q1-2 海外著作物の引用
  Q1-3 引用と?表記
Q2 適法引用
  Q2-1 批判論文での引用
  Q2-2 未発行著作物の引用
  Q2-3 コミックの引用
Q3 「要約」使用・利用
  Q3-1 引用の許される分量
  Q3-2 絵画の部分的引用の問題点
  Q3-3 フェアユースと「引用」
Q4 著作物と非著作物
  Q4-1 研究の成果
  Q4-2 図表の著作権
  Q4-3 地図の著作権
Q5 保護をしなくてよい著作物
  Q5-1 死後公表の著作物
  Q5-2 国会の演説や意見陳述
  Q5-3 海外の政府刊行物
Q6 美術と写真
  Q6-1 寺社仏閣の建物
  Q6-2 肖像権とはなにか
  Q6-3 美術館は著作権者か
Q7 写真の保護期間
  Q7-1 戦前の報道写真
  Q7-2 権利存続の旧法時の写真
  Q7-3 1956年以前の未公表の写真
Q8 共同研究の著作物
  Q8-1 死亡著作者の著作物の改訂
  Q8-2 不合意の共同著作物
  Q8-3 学会誌投稿の共同著作物の紹介
  Q8-4 英訳での協力者
Q9 編集著作物とデータベース
  Q9-1 監修者は編集著作者か
  Q9-2 時系列的データ
  Q9-3 権利消滅の著作物の編集著作権
  Q9-4 「スイ・ジェネリスの権利」とは
Q10 職務による著作物
  Q10-1 在職中の研究に基づく著作
  Q10-2 外部執筆者の著作者人格権
Q11 代作、下訳
  Q11-1 大学教科書の改訂版の著作者人格権
  Q11-2 下訳者の名前
Q12 翻訳権と翻訳者の権利
  Q12-1 意訳、部分訳の可否
  Q12-2 放送著作物の翻訳と出版
  Q12-3 ウェッブサイトの翻訳権
Q13 改変、変形と著作者人格権
  Q13-1 校正による改変
  Q13-2 イラストの一部切除
  Q13-3 差別用語を含む文章の引用
  Q13-4 やむをえない改変引用
Q14 教育への利用
  Q14-1 公開講座でのコピー
  Q14-2 期末の試験問題
  Q14-3 遠隔授業のための公衆送信
Q15 海外の著作物の利用
  Q15-1 加算しなければならない戦時期間
  Q15-2 アメリカの著作物の利用
  Q15-3 アメリカの著作物の保護期間
Q16 インターネットでの使用
  Q16-1 インターネットの著作物の国籍
  Q16-2 ネット掲示板書き込みと著作者不明の場合
  Q16-3 細かい著作物の使用と著作権管理事業者
Q17 出版契約の種類
  Q17-1 契約の留意点
  Q17-2 契約の解除はできるか
  Q17-3 多くの著作者との契約
  Q17-4 翻訳遅延による依頼の中止
Q18 派生する副次権に備えて
  Q18-1 出版社に委任した二次的権利
  Q18-2 アメリカとの翻訳出版契約
保護期間の早見表
著作権を学ぶための参考図書
謝辞


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。