大学出版部協会

 

 日本と中国の文化の変容高度成長期クロニクル

高度成長期クロニクル 日本と中国の文化の変容

A5判 264ページ 並製
定価:2,800円+税
ISBN978-4-472-40352-1 C0036
奥付の初版発行年月:2007年10月

内容紹介

明治維新が近代のはじまりであるとすると、高度成長期は現代のはじまりである。高度成長は何を生み出し、何を変えたのか。日本と中国の高度成長期を、経済ばかりでなく、当時の社会、文学、音楽など他分野からも検討し、その文化が現在にどう接続/切断されているのかを考察する。日中の詳細な年表を付し、その全貌を示す。


目次

村上春樹は中国の若者にいかに読まれているか(林少華)/高度成長期の中国における松本清張の受容(王成)/高度経済成長期における格差問題と平等意識(丁紅衛)/経済成長期に語られた中国の食文化(朱浩東)/高度経済成長期と小林秀雄(渡邉正彦)/高度成長の終わりとはっぴいえんど(瀧田浩)/腐り始めた地球と水上勉(藤井淑禎)/モラトリアムとしての〈知性〉(石川巧)/高度経済成長期年表 日本/中国


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。