大学出版部協会

 

漢字テキストとしての古事記

シリーズ リベラル・アーツ
漢字テキストとしての古事記

A5判 232ページ
価格:2,200円+税
ISBN978-4-13-083044-7 C109
奥付の初版発行年月:2007年02月

内容紹介

文字をもたなかった日本で漢字がどう受け入れられ,読み書きがなされてきたのか.『古事記』を漢字で書かれたテキストとして読むことを通して,神話や古い伝承を書きとどめたものではなく,できごとをならべて記述したものであるという『古事記』本来の読み方に迫る.


目次

I 基盤としての文字世界
一 文字世界の形成
二 『古事記』の基盤としての文字世界
三 実用の文字と文字表現
II 『古事記』の書記と方法
四 『古事記』の訓主体書記
五 できごとの継起の物語
六 訓による叙述の方法——できごとの複線化
七 音仮名で書かれた歌が成り立たせるもの——叙述の複線化
八 歌の方法——軽太子・軽大郎女の物語
III 「古語」の制度
九 「古語」の擬制——『古事記』序文の規制
十 「古語」の世界の創出——『古事記伝』


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。