大学出版部協会

 

 雑踏のなかの都市計画と建築都市の戦後

都市の戦後 雑踏のなかの都市計画と建築

A5判 404ページ
価格:7,200円+税
ISBN978-4-13-066853-8 C3052
奥付の初版発行年月:2011年05月

内容紹介

終戦から60年代までを軸に,「戦災復興」「不燃化運動」「都市再開発」の3つの主題から,インフラ整備だけではなく,一元的な視点には還元できない多様な主体が交錯する社会的運動として都市計画と建築建設を描き出し,そこから浮かび上がる戦後「都市」の可能性に迫る.


目次

序 章 都市の戦後、戦後の都市計画と建築
第一部 東京の戦災復興とその後
第一章 東京戦災復興計画と実現した空間
第二章 闇市の簇生と変容——都市建築としてのマーケット
第三章 石川栄耀の都市計画論と「戦後」
第二部 都市不燃化運動とその終焉
第四章 都市不燃化運動の生成と伝播
第五章 日本橋問屋街の都市不燃化運動
第六章 今泉善一と地方都市の防火建築帯
第三部 「都市再開発」の誕生
第七章 用語「再開発」の誕生と変容
第八章 新橋西口市街地改造事業に見る社会と空間——ニュー新橋ビルに刻まれた戦後
補 章 民間ディベロッパーと再開発コンサルタントの誕生
結 章 戦後日本の都市の位相


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。