大学出版部協会

 

 フィリピン・ダバオ市のサマの生活貧困の民族誌

貧困の民族誌 フィリピン・ダバオ市のサマの生活

A5判 432ページ
価格:7,200円+税
ISBN978-4-13-046089-7(4-13-046089-7) C303
奥付の初版発行年月:2006年01月

内容紹介

経済的な意味での「貧困」が人びとの「生きる営みの総体」つまり文化にどのように関わっているのか.国民国家の周縁をなすマイノリティのエスニック・アイデンティティを精密なフィールドワークから描き出し,既存の開発経済学の枠組みでは捉えきれない「貧困」を生きる人びとの「生活の質」を包括的に把握する.


目次

はじめに
第I部 現代サマの「貧困」:二重に周縁化された人びと
1章 誰が誰をバジャウとよんできたのか:他民族との関係,国家との関係について
2章 貧困層としてのバジャウ:ダバオ市のサマI
3章 豊かなサマ,貧しいサマ:ダバオ市のサマII
第II部 「貧困」を生きる:バジャウとして,サマとして
4章 サマがバジャウを名乗るとき
5章 グワポの家族:商売と信仰と教育
6章 ビライアの家族:古着を売る母と娘たちの祈り
7章 パパ・メルシートの家族:窮乏化と揺れる祖霊信仰
8章 カルマンの家族:神の加護を信じて海に生きる
9章 マグサハヤの家族:物乞いとして陸を漂泊する
10章 クリスチャン・バジャウとして新しく生きる?
おわりに


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。