大学出版部協会

 

 社会科学の新たな地平へ希望学1 希望を語る

希望学
希望学1 希望を語る 社会科学の新たな地平へ

A5判 336ページ
価格:3,500円+税
ISBN978-4-13-034191-2 C333
奥付の初版発行年月:2009年04月

内容紹介

希望とは何か.なぜ人や社会は,希望をときに失いながら,それでもなお,希望を求め続けるのだろうか.社会科学のさまざまな分野の研究者が,希望とは,単に個人の心理に還元されるものではなく,社会の変革の構想と密接につながるものであることを解き明かす.


目次

はしがき 「希望を語る」ということ(玄田有史・宇野重規)
第I部 希望とは何だろうか
第1章 希望と変革——いま、希望を語るとすれば(広渡清吾/東京大学)
第2章 希望研究の系譜——希望はいかに語られてきたか(リチャード・スウェッドバーグ/コーネル大学)
第3章 アジアの幸福と希望——「国民の幸福」戦略と個人の新たな選択(末廣昭/東京大学)
第II部 日本における希望の行方
第4章 データが語る日本の希望——可能性、関係性、物語性(玄田有史/東京大学)
第5章 「希望がない」ということ——戦後日本と「改革」の時代(仁田道夫/東京大学)
第6章 労働信仰の魔法とそれを解く法——希望の意義と危険性(水町勇一郎/東京大学)
第III部 社会科学は希望を語れるか
第7章 経済学からみた希望学——新たな地平を開くために(松村敏弘/東京大学)
第8章 ハンナ・アーレントと「想起」の政治——記憶の中にある希望(岡野八代/立命館大学)
第9章 社会科学において希望を語るとは——社会と個人の新たな結節点(宇野重規/東京大学)
あとがき 社会科学の新たな地平へ(玄田有史・宇野重規)


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。