大学出版部協会

 

 自由の成立にむけて因果論の超克

因果論の超克 自由の成立にむけて

A5判 280ページ
価格:5,800円+税
ISBN978-4-13-010112-7 C3010
奥付の初版発行年月:2010年01月

内容紹介

出来事とは,ある原因によって生じた結果である——この因果の見方を突き詰めると何が見えてくるか.ヒューム,カント,ダメット,ハンソンらをたどって因果論の内実を明らかにすると同時に,ライプニッツ,ヘーゲルらを切り口に,因果関係のなかで私たちの自由意志が成り立つことを示す.私たちの通念を揺さぶる哲学の試み.


目次

はじめに
第1章 原因は結果に先行するのか——ヒューム、カント、ラッセルを視野に
第2章 原因・結果とは何か——ダメット、マッキー、黒田 亘、ハンソンへの批判検討
第3章 因果関係から理由関係へ——ライプニッツとの対比
第4章 十分な理由の不在としての自由——カント、シェリングの問いかけ
第5章 必然性の世界における自由——ヘーゲルの射程
おわりに


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。