大学出版部協会

 

 その新出邦訳「開化」に関する考察エマソンの「文明」論

エマソンの「文明」論 その新出邦訳「開化」に関する考察

A5判 184ページ 上製
価格:4,180円 (消費税:380円)
ISBN978-4-7664-2420-1 C3010
奥付の初版発行年月:2017年07月 / 発売日:2017年07月上旬

内容紹介

▼近年発見された新資料4点!

①エマソンの「文明」論―その未刊邦訳原稿「開化」が出現したので、影印・翻刻を提供、広く時代背景を探ると共に内容を考察し、訳者の同定を試みる。
②米国で所在不明、宛先不詳とされていたエマソンの重要書簡(英国の自由思想家チャールズ・ブレイ宛)を影印・翻刻と共に提供し、内容を考証する。
③日本の文明開化に大きく貢献した福澤諭吉の書幅「聞世論」を紹介し、論考を加える。全集未載。
④門地経歴を問わず有能な若い世代を強く推薦した、福澤諭吉の新書簡を紹介し考察する。全集未載。

19世紀アメリカの代表的思想家R・W・エマソンは、明治時代から日本の知的読者層に多大な影響を与えた。
本書はエマソンの「文明」論の未刊邦訳、エマソンや福澤諭吉に関係する新資料を、オードリー・ヘプバーン切手や福澤切手など多彩なイラストをまじえて提供する。さらにはエマソンの新出書簡にからめて、エドガー・A・ポウの短篇にひそむ郵便詐欺の真相を解明する。


目次

 まえがき

《本論》 エマソンの「文明」論――その新出邦訳「開化」に関する考察
 A 原典公刊  
 B 本邦初訳  
 C 新出邦訳 
 D 続く邦訳  
 E むすびに  
   参考文献

《影印》 謙堂名義「開化」の原稿
     髙 鋭一名義の原稿三篇
《翻刻》 謙堂の「開化」邦訳原稿

《付録》 エマソンのチャールズ・ブレイあて書簡――東京に出現する
      郵便詐欺事件の謎――ポウ短篇「実業家」の真相を解明する
      福澤諭吉より中島永元あて新出書簡――酒井良明を紹介する

 あとがき

《切手》 オードリー・ヘプバーン関連
     エドガー・アラン・ポウ関連
     福澤諭吉/慶應義塾創立関連

  口絵 エマソン肖像
     福澤諭吉書幅


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。