大学出版部協会

 

 日本社会の構造変化を踏まえて雇用と生活の転換

雇用と生活の転換 日本社会の構造変化を踏まえて

四六判 280ページ 並製
定価:1,700円+税
ISBN978-4-88125-290-1 C1030
奥付の初版発行年月:2014年04月 / 発売日:2014年04月下旬

内容紹介

震災後の経済動向における、深刻な雇用問題とワークライフバランスに焦点を当てて分析・考察する。
過酷な労務管理をする企業の実態や、労組や生協の重要な役割について明らかにし、人間らしい労働と生活を考えていく。


目次

はじめに

第1章 グローバル資本主義下の「生活」と「労働」 
     ―日本とドイツの比較を中心として  町田俊彦
 1 グローバル資本主義と「生活」・「労働」条件の不安定化・悪化
 2 「輸出主導型成長」最優先の日本と「輸出主導型成長」・「安定的生活」の両立を目指すドイツ
 3 グローバル資本主義下のドイツと日本の「生活」と「労働」

第2章 日本経済の現状と雇用問題  宮嵜晃臣
 1 劣化が進む日本の雇用環境
 2 IT/グローバル資本主義化進展の日本経済への影響
 3 リーマンショック後の雇用の現状と規制改革

第3章 働く・働けない・働かない  高橋祐吉
 1 はじめに
 2 「働く」ということ―仕事、職業、雇用
 3 支払われて「「働く」こと―ペイドワークの世界
 4 雇われないで「働く」こと―個人請負の世界
 5 雇われて「働く」こと―非正規雇用者の世界
 6 「働けない」こと―失業者の世界
 7 「働かない」こと―非労働の世界
 8 まとめにかえて

第4章 日本のワーク・ライフ・バランスの実情 
     ―2007年以降の動向  鈴木奈穂美
 1 ワーク・ライフ・バランスに対する関心の高まり
 2 人口減少時代の労働力確保
 3 非正規雇用者の拡大がもたらした「雇用劣化」
 4 各自が望む「生活」の実現を阻む障壁
 5 ワーク・ライフ・バランス支援施策の充実がもたらした効果
 6 今後のワーク・ライフ・バランスの推進に求められる視点

第5章 労働と生活にとっての「安定」とは何か 
     ―貧困を捉える視覚としての「移動」を考える  小池隆生
 1 はじめに
 2 貧困研究における「移動」
 3 「移動」が象徴する現代社会の流動性
 4 おわりに

第6章 「G企業」時代における労働政策と労働組合  兵頭淳史
 1 J企業からG企業へ
 2 労働法制による規制強化の意義と限界
 3 企業別労働組合と産業別労働組合
 4 労働市場規制のために
 5 企業横断的な労働組合運動の前提
 6 職場における共同性の回復へ向けて―むすびにかえて

第7章 協同組合と社会経済運動 
     ―地域生活圏の接着剤  内山哲朗
 1 はじめに
 2 国連2012国際協同組合年と協同組合憲章草案
 3 社会的混合経済システムと社会セクター
 4 協同組合運動と地域生活圏
 5 おわりに

あとがき


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。