大学出版部協会

 

 Autonomic responses and motor imagery運動イメージと自律反応

運動イメージと自律反応 Autonomic responses and motor imagery

A5判 138ページ 並製
価格:2,640円 (消費税:240円)
ISBN978-4-88125-182-9(4-88125-182-1) C3047
奥付の初版発行年月:2006年12月

内容紹介

一流競技選手が運動イメージを想起するときの自律反応とはどのようなものか。著者らのグループが実際に選手を調査・実験し、H反射の振幅や筋電図活動の計測を通じて検証・解明していく。

著者プロフィール

大石 和男(オオイシ カズオ)

1958年,福島県生まれ。1982年,順天堂大学大学院修士課程修了。1996年,専修大学教授。1996年から1997年にかけて,米国カリフォルニア大学サンタバーバラ校客員教授。
 主な著書に『健康と体力科学』(分担執筆)杏林書院,1994。『健康運動指導士養成講習会テキスト』(分担執筆)(財)健康・体力づくり事業財団,2002,『タイプAの行動とスピリチュアリティ』専修大学出版局,2005など。
 医学博士,日本健康心理学会認定・指導健康心理士。健康運動指導士養成講座講師。生きがいメディカル・ネットワーク会員。

上記内容は本書刊行時のものです。

目次

第1章 運動イメージ研究の概観
 1  イメージ研究の流れ
 2  運動イメージ想起にともなう主動筋活動
 3  運動イメージ想起中の自律反応
 4  運動プログラミングの活性化と運動イメージ
第2章 運動イメージ研究の意義
 1  イメージに関わる脳の解剖学的地図
 2  脳の学習システム
 3  スポーツの分野への貢献
 4 医療分野への貢献
第3章 運動イメージ想起中に身体に起こる変化
 1  研究方法
 2  運動イメージ想起時の自律反応
 3  運動イメージ想起時のH反射
 4  暗算時および運動イメージ想起時のH反射の比較
 5  運動プログラミングの活性化と中枢の抑制機構
第4章 運動イメージ想起時の自律反応の特異性
 1  運動イメージ想起中の自律反応の特徴
 2  運動イメージ想起中および暗算実施中の自律反応の比較
 3  自律反応から推測される生理機序
第5章 心理指標および一流競技選手のイメージ
 1  運動イメージと時間評価
 2  一流競技選手のイメージの特徴
 3  一流競技選手のイメージのまとめ


一般社団法人 大学出版部協会 Phone 03-3511-2091 〒102-0073 東京都千代田区九段北1丁目14番13号 メゾン萬六403号室
このサイトにはどなたでも自由にリンクできます。掲載さ>れている文章・写真・イラストの著作権は、それぞれの著作者にあります。
当協会 スタッフによるもの、上記以外のものの著作権は一般社団法人大学出版部協会にあります 。